辞めるな!キケン!!

著者 :
  • ニッポン放送
3.16
  • (0)
  • (9)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594048488

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本が出て10年以上経つ今でも十分当てはまることが書かれてる。そこそこの収入でいかにハッピーにやっていくか、人生のいろんなことを犠牲にしてまでいわゆる勝ち組になりたいですか、的なところ。

  • 言いたいことはわかる。でも夢がある人は挑戦したほうがいいとう思う。

  • 確かに仕事を辞めるのは自殺行為。
    まずは会社内でしっかり実力をつけなくちゃ。
    目の前のことをしっかりこなせないようじゃ、どこに行っても通用しないわな。
    とはいっても、「辞めてやるっ!」と思うときもあるなぁ。

  • 初森永卓郎本。読みやすい。サラリーマンは読んでみるといいと思う。

  • 今いる職場にしがみついて働こうという気にさせられた。
    モチベーションの維持が大切。

  • 会社を辞めるな、大変だよ。って話。
    まぁ多少嫌なことがあっても辞めない方がいいのだろうけど、逆に考えるとちょっとでも合わないなぁと思うことがあれば、それは年月を経るうちにレバレッジが効いてあわなくなっていくのだから、違和感を感じた時点でとっとと辞めたほうがよいと思う。もしくは、嫌な思いをしながら定年まで過ごすか。
    私は何回かの転職の末、今の会社につとめてもうすぐ10年だが、どうにもイヤになって、辞めてしまおうと算段しているところ。辞めることによるデメリットを理解できたが、それでも辞めたいということもある。少し頭は冷やしたけど、人間って論理だけの人間ではない。

  • 転職がしたいと思って読んだわけではないのですが、もしそんな未来が来たとしたら・・・ということでサキヨミ。


    この本が必要となる人は「年収300万円」時代が到来しても、「普通のサラリーマンでいられるという小さな幸せ」を見つけ、より楽しく充実した「今」を生きたいと思う人なのかなぁ〜と読み進めていく中で感じました。


    森永氏としては現代日本において、転職や起業に夢を抱いて、会社を辞めるという決断を下すまでに犯しがちな勘違いを「キケン」とし、その「処方箋」として「サラリーマンであることの幸せ」について考えて、この本を作られたとのこと。


    割とフランクに「キケン」と「処方箋」を書かれていて、その間にエピソードなどを書かれている手法。ちょっと私には合わなかったです。私の感じとしては割りと【ポジティブ】な人や【上を目指している】人には向かない一冊ではないかと思いました。


    まずは手にとって一読されてから考えられると良いかもしれません。

  • 辞めてから読んでよかった。
    変に納得してしまう自分がいた。

  • 転職を勧める本や記事は世の中に山ほどあれど、こうはっきりと転職を勧めない本というのは珍しいかも。何も努力せずに今の会社に不満を漏らしているような人間が転職で成功するわけがないことを、わかりやすく切々と説いてくれる。どこから読んでも話がつながるよう組まれているため、順序だてて読んでいくとくどく感じられるが、さっと読むにはとても便利な本

  • いろんな考えがあるのですね。こんな時代参考になるかな?

全11件中 1 - 10件を表示

辞めるな!キケン!!のその他の作品

森永卓郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする