だめんず・うぉ~か~ (3) (扶桑社SPA!文庫)

著者 :
  • 扶桑社
3.24
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第3巻もあいかわらずで、マンガ家のさかもと未明が登場したり、西原理恵子と因縁が描かれたりしているのですが、若干楽屋ネタっぽいノリを感じます。

    巻末には岡田斗司夫との対談が収録されています。岡田は『フロン』(海拓社、幻冬舎文庫)で発表された持論を説き、著者はそれにかなり押されているような印象です。どうでもいいことながら、くらたま捕まえて「お嬢さん」はないだろうと思うのですが、この辺りの感覚は当時はそれほどシビアではなかったのかもしれません。今だと、なかば冗談だとしても、そのパフォーマティヴな効果にかなり自覚的でないとこういった言葉遣いはできないくらいには、世の中の基準がシヴィアになっているような気がします。

  • 勉強になる??面白い実話集。

  • 最後の対談がちょっとうざい。岡田斗司夫のいつまでもでぶと思うなを以前読んだが、こんなうざい人と思わなかった!まぁでもそんなこだわりがないと、あのダイエットはできないよね(-_-;)

  • 本編は相変わらず。対談での岡田斗司夫が最高に気持ち悪かった。グロい。だめんず風にいくと、思い込みを押しつける勘違いデブ。(今は痩せてるらしいが)

  • つかまらないように本当に、がんばるる

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1971年福岡県生まれ。漫画家・タレント。
一橋大学商学部卒業後、就職が決まらず、『ヤングマガジン・ギャグ大賞』に応募して大賞を受賞。ダメ男を好きになる女性たちを描く『だめんず・うぉ〜か〜』のブレイクを皮切りに、「くらたま」の愛称で親しまれ、漫画・エッセイなどの執筆のほかに、テレビ・ラジオ出演、トークショーと多方面で活躍。現在は2児の母親。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉田真由美の作品

ツイートする
×