旭山動物園の奇跡

制作 : SPA!編集部 
  • 扶桑社
3.61
  • (7)
  • (11)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049355

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旭川動物園の歴史書。
    開園から数々の試練や廃園の危機を乗り越え、
    現在の姿へ変貌を遂げることのできた理由を記す一冊。
    動物園に関わる人でなくても、学ぶことは多いハズ。

  • よかった。
    語り合い、理念を持ち続け、諦めない。
    柔軟な考えと行動力。
    かっこいい。

  • 映画にもなった凄い動物園だということは知っているが、何がどう凄いのか知らず読んでみた。途中からグイグイ引き込まれた。夢を叶えて行くってステキ

  • 原点に帰る、本質を見誤らないことの大切さを旭山動物園の復活劇を通して教えてくれた。人間目線だったこれまでの動物園の展示方法を、動物の視点で展示する「行動展示」(旭山スタイル)というやり方でお客様に示した。それにより、普通の動物たちの驚くべき生態を知ることができてお客様が動物園に戻ってきた。常識を疑い、常に動物園のあり方を考え続けた園長、飼育員たちの物語。

  • 目頭が熱くなります

  • 何年か前に大ブームになった旭山動物園。
    だが、そうなるまでに何度も危機的な状況をむかえたとか。

    そんな苦悩とそこからの成功を描いた一冊。

    動物園が好きやから、と読み始めた本ですが、たくさんの人の思いで支えられてる動物園なんやな、とほっこりしました。
    やっぱり人の力ですね!

    でも、実際に旭山動物園に行ってすごさを体感しないことには、この本の中身を消化しきれなかったかな…。

  • 2013/3月
    すげーいい話。
    仕事の基本。
    環境を言い訳にしてはいけない

  • この夏、始めて旭山動物園に行ってきた。あんな、ふつうの動物しかいない動物園がなぜ、集客数で日本一になったのか。半日まわっただけでなるほどと思った。しかし、かつては、客が減り、廃園寸前までになった旭山がいかにして再生しえたのか。これは、企業家や新しくなにかをやろうという人にもヒントを与えてくれる。本書はそのさわりをさっと書いてくれているだけで、ちょっと物足りない。もう少し詳しく知りたい人には、登別の喫茶店で読んだ『旭山動物園のつくり方』がおすすめだ。

  • 好きだから。でもすごくよい本かというとそうでもないというか。

  • 05年9月

全17件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

旭山動物園の奇跡はこんな本です

ツイートする