日・中・韓・露 歴史教科書はこんなに違う

著者 :
  • 扶桑社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049645

作品紹介・あらすじ

中国・韓国の教科書は、日本をどのように描いているのか?日本史学の泰斗が、国際的な歴史相互理解の可能性を求めて、諸外国の教科書を比較・検討する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個人的主観が比較的少なく、実際の教科書の比較がその多くを占めるため 他国の教科書事情が良く分かった。
    また著者の発言も学術的で、著者の歴史相互理解のための活動の経歴をみてもとても説得力のあるものだった。

  • 一方的な視点ではなくある程度中立的に書いている。歴史問題を他国間で一致させるのは不可能だが、少しではあるが修正できることもできることが理解できた。マスコミにでてくる著名人はこういう内容を理解したうえで発言してもらいたい。

  • 歴史教科書の比較を引用を多様しながらできる限り中立的に書かれた本。

    そもそも歴史教育の目的からして各国色が出ていて興味を持った。日本の教科書が控え目なほど中立的に書かれていることも知った。

    また、中国の教科書の抗日路線は想像以上だった。こんな教育受けて日本好きになる方がおかしいやん!

    てなわけで関心する部分もあったけど本全体が淡々としすぎている感があって読みにくかった。もう一工夫欲しかった、タイトルも含めて。

  • 終始冷静に教科書の記述を比較しつつ、歴史教育が思想教育であること、国家的見地よりも地域的見地で検証を進めることなど、多くを教えていただいた。もっと読む。

全4件中 1 - 4件を表示

鳥海靖の作品

日・中・韓・露 歴史教科書はこんなに違うを本棚に登録しているひと

ツイートする