恋のちから 愛のススメ

著者 :
  • ニッポン放送
3.91
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594050405

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・今日の空は 今日だけのもの
    昨日の空と同じにみえる人は
    心を昨日においてきた人
    思い出は 今つくるもの
    語るものじゃない
    ・あなたの年齢と同じだけ
    ママやってる
    あなたより偉くなることもない
    ママより偉くなることもない
    一緒に大人になっていく
    ・あいしてるあいしてる
    声を大にして あいしてる
    って言いながら
    走っていました
    あの頃のあたし
    ・さきに好きになったのは
    あなた
    さきに溺れたのは私
    二人で同時にってないわね
    自分を忘れてしまわないためかしら
    ・嘘をついて嫌われる
    嘘が言えなくて離れていく
    嘘のように恋が終わっても
    こんなんじゃないと自分の心に嘘をつく
    ほんとって なに?

  • 黒木瞳さんが詩集を出されていることを知らなかったので、ふと目にとまり、興味がわいたので読ませてもらった。
    日常のふとしたことにも、繊細で豊かな感情を持って周りを見てらっしゃるのが伝わってきて、私自身、人間的にもっと成長していきたいなと思わせられる、そんな詩集でした。
    奥さんとしても、母としてもすごく魅力的な存在なのではないかなと伝わってきて、黒木さんがさらに好きになりました。

  • 好きになったのは私が先
    でも手を握ったのはあなたが先
    さよならを言ったのは私が先
    でもまた会いたくなったのは
    あなたが先

    あたしの生活もなくなって
    あなた中心で時計が回る
    流されないで恋をすること
    わかってはいるけど
    一途なの

    始まりも終わりもない恋
    ありがとうもごめんなさいも
    いらない
    あなたをただ感じていた
    人生のたった何分の一

    あなたに
    優しさを求めている訳じゃない
    強さを感じたい訳じゃない
    共有する時間の濃さを
    愛情だと信じさせて欲しいだけ

    さよならを言うために
    出会ったのかしら貴方と私
    私には突然の別れでも
    生まれる前から 決まっていたような気もする
    なにもかも決まっていたような気がする

    愛してるって
    最近言われてないなあ
    愛してるって私も言わないからかなあ
    先に言った方が負けってとこ
    あるしなあ


    デザインが可愛いし
    テーマごとの色分けが鮮やかやった

    どれも好きな感じやったけど
    特に気に入ったのは上記6つ。

  • 優しい。とにかく優しい。
    黒木瞳さんの五行の詩。
    何気なく毒を吐いた?って思うものの、
    彼女の文体になるとクスッと笑えてしまう。
    でも読んでて気持ちよく、優しい気持ちになれる。

全4件中 1 - 4件を表示

黒木瞳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

恋のちから 愛のススメはこんな本です

ツイートする