バカドリル (扶桑社サブカルPB)

  • 扶桑社
3.65
  • (18)
  • (9)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :124
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594051303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これを思春期前に読んでしまったのでこんな大人になってしまった。

  • 考えるな、感じろ。
    これはとにかく気になる人は見てみてほしい。
    ほんと、タイトル通り、バカなドリル。
    これくれた友だちのセンスすっごく好き。笑

  • もはやバイブル。バカまっしぐら

  • 購入
    最高です!

  • 万人受けするような内容じゃないと思いますが、好きな人は好きだと思います(笑)
    日常のなにげないことを全力で、おバカ化しているところがすごいです。イラストが激しすぎます(笑)

    想像力や発想力が長けていて、ある意味すごいなと思わされました。

    でも、タイトル通りのほんとのバカドリルです(笑)
    バカになれる人も書ける人も好きですね〜( ´∀`)

  • 「バカドリル」1

    著者 天久聖一、タナカカツキ
    出版 扶桑社

    p60より引用
    “バカのフリも楽じゃねーや・・・”

    1994年に発売された物のペーパーバック版。
    間違った体重計の乗り方など、
    日常・非日常のあらゆることに対して、
    一生懸命ふざけて考えたような一冊。

    上記の引用は、
    「くらしのコツ事典」の中の、
    登場人物の一人の一言。
    著者の気持ちの表れかもしれないと思いました。
    大変好みが分かれると思われる内容なので、
    少し確かめてから購入を決めたほうが良いと思います。

    ーーーーー

  • ミクシでもおっかけさせていただいてます/////大好き!!笑

  • 笑いの教科書

    タイトルに何かを感じ、ひとたび読み始めれば、笑いのトップギア。
    お腹のバイブレーションマックス値。右脳のオルガズム。
    人生に必要なユーモアはすべてここから学んだ(笑)

    中村

  • 後で書きます。

  • これは、読むときの自分のテンションがかなーり影響します。

    箸が落ちておかしいくらいの時には、もう噴火かってくらいおもしろいでしょう。

    でもまぁ至って普通の時は(言うまでもなくこっちのが確率高いけど)シラけて…そして時々片方の口角がムフフっと、あがることでしょう。

全20件中 1 - 10件を表示

天久聖一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ほし よりこ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする