2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
3.23
  • (36)
  • (85)
  • (250)
  • (39)
  • (10)
本棚登録 : 954
感想 : 127
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594053888

作品紹介・あらすじ

Web2.0に隠された真実を"この男"が読み解く。もう、これ以上、インターネットは社会を変えない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者、ひろゆきさん(西村博之さん)、どのような方かというと、ウィキペディアには次のように書かれています。

    西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 - )は、日本の実業家、著作家、YouTuber。日本最大級の匿名掲示板「2ちゃんねる」開設者、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」管理人。ドワンゴが提供している日本最大級の動画配信サービス「ニコニコ動画」元取締役管理人。東京プラス株式会社代表取締役、有限会社未来検索ブラジル取締役。愛称・通称は「ひろゆき」。

    著者が書かれた本を、ちょっとのぞいてみたい、そんな思いから手にした本。
    著者が31歳位の時に書かれた本のようです。

    この本の内容は、次のとおり。(コピペです)

    Web 2.0に隠された真実を管理人が読み解く。間違いだらけの法律、メディア、IT、明るくない未来への誤解など、ひろゆきが語ったインタビューを書籍化。ジャーナリストやプログラマーとの対談も収録。

    この本は、29ページまで読んで、終了。

  • 20081119開始

    P.27 今のGoogleは堀江逮捕前のライブドアやバブル時のカネボウがやっていたペンタゴン経営と同じ
    P.38 Googleは企画力と営業力がものすごい会社
    P.41 はてなもミクシィもGoogleと同じ

  • 再読。

  •  ひろゆき(西村博之)著『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?――巨大掲示板管理人のインターネット裏入門』(扶桑社新書)読了。

     タイトルに沿った内容となっているのは、最初の「まずは結論」という章だけ。あとは、「2ちゃんねる」というよりネット全般についてのオピニオンが中心。その意味で、サブタイトルのほうが内容に即している。

     冒頭に「この本は、養老孟司さんがやっていたように僕の話を文章にしてみました」とあるので、ライターもしくは編集者がひろゆきをインタビューしてまとめたものなのだろう。

     そのまとめ方があまりうまくないし、しかも不親切。「2ちゃんねらー」でなければわからない言葉、ITにくわしい人でなければわからない言葉がそれぞれ頻出するのに、注はいっさいないし、文中での説明も皆無に等しい。「わかる人だけわかって下さい」という姿勢の本だ。
     とくに、最終章に収められたひろゆきと小飼弾の長い対談は、私には内容の半分も理解できなかった。

     そうした瑕疵はあるものの、ひろゆきの言っていることには卓見もあって、あなどれない。
     ただしその多くは、人々がネットの未来に抱いている前向きな期待に冷水をかける形の「卓見」である。本書について、“梅田望夫の『ウェブ進化論』のダーク・ヴァージョン”と評する人が多いのは、そのためだ。
     たとえば、こんな一節がある。

    《インターネットに未来的な何かがあるということ自体が、既に誤解なのです。インターネットの未来は明るいと言っているのは、おそらくバブル世代だけではないかと感じてしまうのは、僕だけなのでしょうか?(笑)》

     このように、2ちゃんねるを含むネット世界全体を醒めた目で見る姿勢が、全編につらぬかれている。2ちゃんねるについても他人事のような調子で語っていたりして、ひろゆきは終始、よく言えば飄々、悪く言えばのらりくらりとしている。そこが面白いといえば面白いし、鼻につくといえば鼻につく本。

  • 1

  • 本文も相変わらずのノリで楽しめるが、真骨頂は小飼弾との対談。人生の楽しみ方が別のステージにいる二人の対話が一般人には刺激的で楽しめる。フツーの人にこそ読んでほしい一冊。

  • ひろゆき氏のインターネット論。身も蓋もないと言われているが氏の客観的な視点は共感しきり。

  • インターネットというものが少し分かった。
    専門用語が多くて、プログラミングなどに触れていない私としては少し読み辛かった。

  • ひろゆきの考え方の断片を知ることができるのは貴重だが、それなら動画で対談見たほうがわかりやすいです。

  • 娯楽として非常に面白い.
    世間でよいしょされているネットビジネスやそれにまつわることを非常に斬新な切り口で捉えている上に,妙になるほどと思わせる説得力がある.
    梅田望夫VS西村博之,確かに・・・
    インタビューや対談ベースに書き下ろされたもののためか,ちょっと気になる表現が散在しているところだけが個人的には少しマイナス.(特に目につくのが「今現在」というところ.もしかしたらわざとこういう表現を使っているのかも知れないが)

全127件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本経済新聞社編集委員兼論説委員
1992年、日本経済新聞社入社。主に東京経済部で官庁や銀行を長く担当し金融庁、経産省、日銀の各クラブでキャップ。2010年に渡米し、ニューヨークで記者・編集委員として米経済と金融を取材。経済部次長、Nikkei Asian Review統括エディターを経て現職。

「2019年 『リブラの野望 破壊者か変革者か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村博之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×