「狂い」の構造 (扶桑社新書)

  • 扶桑社
3.49
  • (18)
  • (35)
  • (55)
  • (9)
  • (2)
  • 本棚登録 :296
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594054632

作品紹介・あらすじ

給食費未納問題、赤ちゃんポスト、光市母子殺害事件から伝説的連続殺人鬼まで。怠慢で、尊大で、鈍感で、無意味…世界はついに狂気のざわめきに満たされた。どいつもこいつもバルンガ病だ。「このミス1位」作家と精神科医が超危険な狂気の川を遡り、その源流を目指す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平山さんの怖い話のストックの豊富さに驚嘆するばかり。
    平山さんの書く小説が読みたいような気もする。
    やはり怖いのだろうか…。

    「面倒くさい」が「狂い」のはじまり、という話には説得力があると思う。
    「面倒くさい」は、思考停止だから。

    こういう本は精神状態が安定している時に読んだほうが良さそう。

  • 平山夢明大好きッコなので購入。夢さんの健康的なマッドっぷりがたまらない。マッドになるなら健康的な感じ、は失いたくない。

  • ホラー作家平山夢明(ペンネームかと思ってたら本名だった)と精神科医春日武彦さんの対談。

    実際に近年起きた殺人事件や児童虐待事件や自殺などを例に挙げ、タイトル通り「狂いの構造」について解き明かしていく。


    面倒くさいは狂気の始まり←耳に痛いです

  • 狂気の発生源についてから始まり、多くの脱線と雑談を交えた対談集です。
    専門的な内容は無く、予備知識は不要です。
    「面倒くさい」が「狂い」に繋がるという考えは納得できてしまう反面、自分も大丈夫だろうかと恐怖します。
    「面倒くさい」という状態は思考を抑制・停止したもので、理性的な判断はできないのだと思います。
    仕事でも私事でも、そのように思わない積極性が正気を保つコツなのでしょう。

  • 作家平山夢明と精神科医春日武彦が「狂い」 について対談したものを書籍化したもの。「狂い」について学術的に述べたものではなく、本当に各人が主観的に捉えていることをつらつらと並べ立てているような内容となっています。そのため、かなり毒が強めで、苦手な人は途中で放棄するような内容になっています。個人的に毒は好きですが、今作品に関してはユーモアは少なく、単なる悪口みたいになっていて面白味に欠けた印象です。
    この本は平山夢明や春日武彦の考え方を知るという点では良いかもしれないが、何かを学ぶとかこれを読んで何かを得られるかと言われたらそういう訳ではなく娯楽色が強いように思われました。

  • 平山さんが本名だったっていうのが驚き。
    とりとめのないふたりの会話、面白かった。
    「面倒くささ」が「狂い」を生んでいく説、なるほど。

  • こんなに明るく狂気を語れるのはこの2人だけかも。異様な世界でありながら何故か惹かれている、そのことを恥じることなく、隠すことなく、むしろ堂々と語れる清々しさ。

  • 自由な語りに衝撃を受けた。面倒くさいは狂いの始まり、その通りだと思う。

  • 最高。
    ブレーキかける人がいないと言うか、そもそもブレーキ自体が
    ブッ壊れてると言うか、とにかく最高であった。
    続編も買います。

    『「面倒くさい」は「狂い」のはじまり』は本当にそうだと思う。
    最近はこれをスローガンにして暮らしている。

  • 春日先生はここでも聞き手だな。
    21突然の「バルンガ病」にも「そうなんだ。」とか!

    61、「メラメラと紅蓮の炎に包まれて〜」まさに平野啓一郎が最近そんな短編書いてたね。

    こういう下世話な会話が聞きたかったのよ!と笑う。

    神経症と統合失調症のあいだの「境界性」、自己評価の低い美人、など読み応えポイントあって楽しい。

全45件中 1 - 10件を表示

春日武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
平山 夢明
有効な右矢印 無効な右矢印

「狂い」の構造 (扶桑社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする