銀行窓口の向こう側 (扶桑社文庫 し 13-1)

著者 : 神保広記
  • 扶桑社 (2007年12月22日発売)
3.17
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594055592

銀行窓口の向こう側 (扶桑社文庫 し 13-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ご本人は「金融暴露本」ではないとおっしゃってますが それに近いような・・でもまぁ面白かったかな

  • 銀行員の実体験の記録である。世の中きれいごとばかりではないが、まっとうな事をして報われた話を読むのは面白い。本書は帯にあるとおり物語を愉しめつつ貴重な訓戒を得る事ができる。

  • 預金をする以外に、今までの自分とは縁のなかった銀行がどのような業務をしているのか、物語を読んでいるようにするすると読みながら知ることができた。ささやかなお勉強のつもりだったが、読み物としてもとてもおもしろかった。

  • 現役ではなく、支店長まで勤め上げた元銀行員による本なので、古き良き時代という感じがするかも知れない。
    裏技や法律スレスレのようなきわどい話ではなく、どの業種にでもありそうなその業種独特のエピソード集の銀行版といったところか。

全5件中 1 - 5件を表示

神保広記の作品

銀行窓口の向こう側 (扶桑社文庫 し 13-1)はこんな本です

ツイートする