港区ではベンツがカローラの6倍売れている―データで語る格差社会 (扶桑社新書 26)

著者 :
  • 扶桑社
2.86
  • (1)
  • (7)
  • (30)
  • (10)
  • (3)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594055905

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身近な格差について、車や家といった具体的なモノを基準に取材・分析した作品。
    世の中、あるところにはあるなぁというのが、率直な感想。

  • 格差社会について論じている本です。
    港区に住むような人はそもそもカローラの様な大衆車を買う人が少ないと思うのですが。。。すらっと読めちゃうので、その点は良いかも。

  • 題名はともかく、内容は中々面白い。

    諸々の格差について、あくまでも統計による比較。

    格差社会が叫ばれる昨今、この一冊を読む限り、日本はそれ程、不幸ではないように思える。

    まあ、何をもって幸か不幸かを判断するかだけども。

    人によっては、勇気付けられる一冊になったりならなかったり。笑

  • 気分転換のために古本100円で買ったが、文章が平易かつ軽妙で、あっという間に読めてしまった。格差社会という重いテーマの割にはいろいろ軽いところがあるが、著者が変な主張をせず、ルポ、というか単なるインタビューに徹しているのが、逆に読む側に考える余地を与えている(少し好意的過ぎる解釈かもしれない)。

  • [ 内容 ]
    軽がモテる高知のキャバクラ、芦屋の超高級住宅地、六麓荘、大型クルーザーオーナー、苗場の20万円別荘、アメックスのブラックカード所有者、大泉町のブラジル人労働者etc.
    さまざまなデータと入念な現地取材から探る“格差社会ニッポン”の現実。

    [ 目次 ]
    第1章 ベンツ格差
    第2章 豪邸格差
    第3章 クルーザーとスーパーカー
    第4章 別荘格差
    第5章 カード格差
    第6章 外国人格差
    第7章 フーゾク嬢格差
    第8章 生活保護格差

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 会社の同僚に借りた本。
    キャッチーなタイトルで中身がないのではないかと食わず嫌いしてたが、しっかりしたデータ収拾と分析がなされていた。

    ま、軽いは軽いんだけどね。

  • 昨今の社会的関心である格差社会を分かりやすい切り口から観察している。但し、中身は少し薄っぺらいトリビアというべき内容。

  • 金持ちになりたくなった

  • naisu

  • 芦屋六麓荘町 町内会入会金50万

全15件中 1 - 10件を表示

港区ではベンツがカローラの6倍売れている―データで語る格差社会 (扶桑社新書 26)のその他の作品

清水草一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

港区ではベンツがカローラの6倍売れている―データで語る格差社会 (扶桑社新書 26)はこんな本です

ツイートする