夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25)

著者 :
  • 扶桑社
3.38
  • (16)
  • (41)
  • (50)
  • (11)
  • (7)
本棚登録 : 306
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594055929

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 我慢しないでメタボ対策!伊達式ダイエットの男性版が完成
    「やせたいなら食べなさい」で女性の圧倒的な支持を得る「伊達式ダイエット」。夜中にラーメンが食べたい、間食に菓子パンが食べたいetc.「伊達式」が男の欲望もズバリ解決

  • 悪い油には気を付ける。
    特にインスタントラーメンやコンビニ等で購入するパンや缶コーヒーの乳成分。
    加工食品の添加物で体に毒素がたまる。
    悪いものを食べたら良いものを食べ帳尻合わせを行う。
    習慣食いを改め、考えて食べる。その際、体が何を欲しているか内なる声を聞く。
    食べる順序を工夫してインシュリンの過剰分泌を抑える。
    炭水化物や糖分は後回しにする。
    朝一杯のジュースでデトックス効果が上がる。
    フルーツやフルーツジュースは一種類のものが良い。
    幾つか混ざっていると酵素がぶつかる為。
    本書を読み、既に取り入れていたこともあったが、無理せず今出来る食事に気を配っていきたい。

  • サラリーマンを対象にして書かれたであろう「食べてやせる」ダイエット本。

    「いつまでもデブと思うなよ」で8kgほど痩せたものの、
    その後リバウンドしてしまい、痩せづらくなってしまった。

    内容的には、すでに実践していることも多いのだが、
    改めて食生活を見直してみたいと思う。

    ポイント!

    ・原型食品 <==>加工食品
    ・良い油
    ・たんぱく質
    ・18時間プチ断食
    ・あたたかくて水分が多いもの

    [more]
    (目次)
    はじめに
    伊達式ダイエットとは?
     「メタボ健診」のスタートで、肥満者受難の時代が到来
     腹囲85 Cm以上は肥満扱い。強制ダイエットコースに収容
     メタボを減らさない限り、会社の健康保険組合に厳しいペナルテイが
     「肥満差別」を受ける前に、自ら「脱肥満宣言」しよう
     現代の「食環境」では現状維持すら難しい
     伊達式ダイエットはなぜ女性に支持されてヒツトしたのか

    第1章 男の体に今、起きていること
     30歳前後の脂肪細胞の数が大事!
     男のパン・牛乳信仰は正しいか?
     日本人はもともと粗食で働き者の遺伝子
     日本人に糖尿病が多いわけ
     「悪い油」がもたらす恐ろしい弊害
     悪い油の摂りすぎでホルモンが乱れた男たち
     現代の男は30代で「男性更年期」を迎える?
     若いのに前立腺肥大で尿漏れ
     性欲減退の一因はレシチン不足
     悪い油の摂りすぎで、若ハゲが続出
     酸化した油の悪のパワー
     加工食品の添加物で体に毒素がたまる
     そもそも毒素とは? デトツクスとは何か?
     毒素の摂りすぎが「むくみ太り」の原因?
     脂肪もまた一つの毒素
     寝る直前にガッツリ食べるのは胃腸へのイジメ
     睡眠不足が肥満を招く
     甘いものの一気食いはメンタルに悪影響
     小麦製品を摂-すぎるとウツになる?
     過敏性大腸炎で365日下痢のサラリーマンが急増中
     腸が悪いと栄養が吸収できない
     米不足で善玉菌が死ぬ?
     胃腸や自律神経の不調で、男の冷え性が急増中
     男の冷えを誘発するコーヒー飲料
     毎年1kg増えていませんか?

    第2章 我慢しなくてもやせて健康になる伊達式の黄金ルール
     男のダイエットはヨとを減らすより「善」を増やす加点方式で
     男の栄養不足は「習慣食い」が要因
     お腹が減ったときが絶好の食べ時
     飲み物の隠れ糖分に気をつけろ
     食べる順序を工夫してインシュリンの過剰分泌を抑える
     炭水化物抜きダイエットの悲劇
     男はクオリテイの高い肉食が正解
     赤身の肉は「原型のまま」食べれば、さらに脂肪燃焼効果がアップ
     酵素パワーで老廃物をためない体に
     朝一杯のジュースでデトックス効果がアップ
     酵素たっぷりな糠づけや納豆など「発酵食品」が効く
     ポリフェノールで代謝を上げて毒素排出
     アルコールは無理に我慢しなくてもOK
     カロリー計算は帳尻合わせ
     胃が大きいからすぐ腹が減るのか?
     自分にとってベストな「一人前」を見つけよう
     朝食なんて食べなくてOK!?「1日3食信仰」の幻想
     水分は水だけにあらず。水分の正しい摂り方
     男性には食品に含まれる水分が必要
     良い油は良いコレステロールを作る
     アルファリノレン酸で脂肪の代謝を上げる
     青魚の油が脂肪を燃やす
     オリーブオイル、ゴマ油も「良い油」
     温かい食べ物は代謝を上げる
     内臓、皮膚、髪、骨、筋肉・・・・・・人は食べたもので作られる
     「習慣食い」は危険。お昼は毎日違う店で食べよう
     元体育会系は食事制限だけではなく運動も必要
     「フイトケミカル」で体内の酸化を防ぐ
     加工食品を食べたらミネラル補給
     一人で食事せずもっと食べることを楽しもう

    第3章 伊達式ダイエットでやせた男たち
    Case1 174cm、80kgの「ちょいメタ」が3か月で10kgやせた
     比較的健全でも、1日2度の肉食は偏りすぎ
     朝のトーストをやめてジューススタンドで生ジュースに
     ファストフードとレトルト食品は避けて、揚げ物は週1回に
     深夜の夕食はやめて、ゆで卵とスープで軽く済ませる
     飲み会や会合は、今まで通りに
     筋肉が落ちると脂肪が増える
     お腹が減ったら、間食したってOK
     生のフルーツ、酢の物で体の老廃物を出して肌までキレイに
     焼き魚など「原型食品」を増やしたら噛む回数が増えた
     体内の代謝が上がって脂肪が燃えた
     環境が変わるときは、ダイエットのベスト・タイミング
    Case2 172cm、120kgの「ヘビー級」が7か月で15kgやせた
     たんぱく質が足りないから脂肪を燃やせない
     「炭水化物の重ね食い」は脂肪地獄から抜け出せない
     「健康にいい」補助食品に頼るより、メインディッシュの充実を
     乳製品の摂りすぎは醜く太る
     課題は1つか2つに絞るのが、ダイエット成功の秘訣
     朝のフレッシュりんごジュースが体を活性化
     抹茶豆乳でたんぱく質不足を補おう
     カロリーアップでも体が燃えればやせていく
     体重3桁を2桁にするのは至難の業。ダイエットは3か年計画で

    第4章 ラーメンを食べても太らない技術
     飲んだ後にラーメンが食べたい・・・・・食べる前に野菜ジュースを1本飲め
     どうしても宅配ピザが食べたい・・・・・オリーブオイルをかけて食べる
     ついつい菓子バンを食べてしまう・・・・・一緒に豆乳を飲む
     ランチに時間をかけられい・・・・・食べる順番を意識する
     ヤケ食いがやめられない・・・・・食べすぎたら18時間は何も食べない
     おやつが食べたい・・・・・ナッツかゴマせんべいならOK
     深夜の寝酒がやめられない・・・・・焼酎の梅割りか赤ワインを
     栄養ドリンクが手放せない・・・・・卵かけご飯で栄養補給
     コンビニ弁当は「レンジでチン」せずに食べる
     フレンチで豪華ディナーのときは、メインは肉か魚かどちらか一つ
     サプリメントを選ぶなら、有効成分が全体の10%以上入っているものを
     低カロリー食品には頼らない

    第5章 外食三昧でもやせる!太らないメニューの選び方
     焼肉屋さんではレバ刺し、キムチは必須
     ファストフードではセット注文しないこと
     カレー屋さんではビーフカレーか納豆カレー
     中華料理さんではセットものより定食を
     イタリアンに行くならピザよりパスタ
     パン屋さんのトレーに載せていいもの、悪いもの
     寿司屋さんでは最後に味噌汁で締めて
     太らない居酒屋メニューは「原型食品」

    第6章 ”男の悩み”を解決するお助けメニューを大公開
     「臭い」と言われたら・・・・・オレンジ・グレープフルーツを食べる
     最近、性欲がわかない・・・・・亜鉛をたくさん摂る
     抜け毛が気になる・・・・・悪い油を避ける
     疲れが抜けない・・・・・クエン酸を補給する
     ストレスがたまりにたまったら・・・・・ワインなどで抗酸化力アップ
     寝酒でも眠れない・・・・・睡眠ホルモンは青汁で直接摂取
     集中力を高めたい・・・・・頭の回転を上げるゴマで頭スッキリ
     忘れっぽい・・・・・脳に重要な成分はナッツで補う

    おわりに

  • 技術か?と思いながらも、気休めでもやってみたいと思わせる力がある。

  • 食べて痩せるってフレーズを意識する自分がまだまだデブ脳を自覚してしまう。

  • 一章
    一般的に考えて体に良いとされることを書いてるイメージ
    二章
    体に悪いことをしたときは、良いこともする
    体の調整が大切とのこと。
    良いもの例
     朝の野菜ジュース
     納豆
     魚の油
    三四五六


    体のほしがるものをたべ、やり過ぎた時は跡で帳尻を合わせること

  • 都合のいいタイトルと思い読んでみましたが、いろいろと体に役立ちそうなことも書いてありました。悪い油には要注意です(^^;
    でも基本的には〆のラーメンはNGですね…

  • ダイエットの時に足りない栄養素を含んだ食品をプラスするという発想が新しい。太る仕組みや栄養素のはたらきを丁寧に説明しているのでわかりやすく、取り組みやすい。

  • 栄養素の面や低GI食品から摂取する話は間違ってないけど、各種の実験結果がどこから来てるものなのか(文献の出処など)がほとんどないし、悪いとする食品に相当な偏りがあるように思えるので、かなり筆者の主観に偏った本だなぁという印象(もともとそういう本だけど)。

  • 食べて痩せる、我慢ばかりしないでダイエットする。サラリーマン向けのダイエット本。

    今までの食生活を見直して、ただ我慢するのではなく体に入れるもの(特に悪い油)を入れないようにして、結果、体重を減量するということだった。

    しかし、コンビニなどで手にするものは結構良くないものが多いんですね。おいしいんだけれど。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「食べないで痩せる」のではなく、
「食べなければ痩せられない」ということを身をもって実証。
拒食と過食を繰り返す摂食障害になったり、
体重が70kgを越えたことも。
数々のダイエットに挑戦しては失敗を繰り返しながら、
体に負担のない痩せ方を編み出した。
これまでに5,000人以上の食事指導を行い、
健康的なダイエットをサポートしている。
管理栄養士、日本抗加齢学会認定指導士、
日本アンチエイジングダイエット協会理事。


「2018年 『体質改善ダイエット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25)のその他の作品

伊達友美の作品

夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25)を本棚に登録しているひと

ツイートする