孤独のグルメ 【新装版】

著者 :
制作 : 谷口 ジロー 
  • 扶桑社
4.12
  • (287)
  • (261)
  • (163)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 1928
レビュー : 226
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594056445

作品紹介・あらすじ

個人で輸入雑貨商を営む主人公が一人で食事をするシチュエーションを淡々と描くハードボイルド・グルメマンガ。'94~'96年に月刊誌『パンジャ』(現在は休刊)に連載され、'97年に単行本化、'00年に文庫化。ジワジワと売れ続け、累計10万部を突破したロング&ベストセラーが新装版として登場しました。10年ぶりの新作に加え、久住昌之×谷口ジロー×川上弘美による鼎談も収録。『孤独のグルメ』誕生秘話など、ファンなら見逃せない話題もたっぷり。もちろん初めて読む方も満足できる充実の一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑貨を扱う仕事をしている主人公が仕事の合間にたまたまよる食事処についての漫画。

    なんでもない日常の場面をとても趣き深い作品として昇華している。

    流石のお二人(久住さん、谷口さん)だから成し遂げるレベルの完成度の高さ。
    久住さんらしいお話のディテールと谷口さんの絵のディテールの融合は贅沢。

    てっきり、コメディタッチだと思ってましたが、ハードボイルドタッチで、それがまた面白い。
    主人公が孤独で、毎回違ったドラマに遭遇する形式は、ある意味、ブラックジャックですね。

  • 新装版が出たので、
    以前から気になっていた『孤独のグルメ』をようやく…。

    食べものそのものもさることながら、
    食べるときの環境や心情が
    食の喜びを大きく左右するなぁと今さらながら感じた。

    しかし、よく食う上に独り言の多い人だね(笑)。

  • 出てくる料理はなにもとくべつなことのない市井にあふれるもの。そんな料理に、ここまで真摯に向き合う漫画があったろうか。
    好きなものを好きなだけ食べ腹を満たす。ひとりでとる食事で、主人公は自由も味わっている。

  • あぁ、腹が減った。

  •  漫画における一つの大きなジャンル、グルメ漫画。
    グルメを通して人情を描く漫画もあれば、グルメを通して問題を解決するものもある。
    本書は食べることそのものを主眼においた作品ではないだろうか。

     独りで食べる食事のわび・さび、が色濃く描かれており
    それは食事を摂る場所・機会によってより濃くなっている。
    本当に独り職場でコンビニの食べ物にありつく話もあれば、
    他の客(日常)に紛れて食べる食事もある。
    それぞれの食事の情緒は当然変わってくるのだが、
    世間一般の日常から外れている人間だからこそ
    溢れてくる空気感は全ての話に共通しているのではないだろうか。

     また、主人公、井之頭五郎の妙な小物くささ、気の弱さが
    人間くささにつながっており独り飯ならではの感覚を強く引き立たせている。
    もちろんフィクションの作品なのだがそういった面での説得力もあり、
    より作品を趣深いものにしているだろう。

     惜しむらくは孤独のグルメそのものが不定期連載の作品で
    なかなか単行本そのものが更新されないこと。
    新装版は18話まで掲載されているが、特別編と19話から23話は
    未だ掲載されていないのである。

     そもそも食事をとる、ということに正解も不正解もない、
    という前提で読まないと間違いなく失敗した、と思うだろう。
    美味しんぼのような雑学もなければ中華一番のような卓越した描写もない。
    が、食事そのものに流れる空気感・情緒に関しては
    間違いなく随一の作品であるので、そこを味わう気概で読むべきだ。

  • 『孤独のグルメ』のタイトルはよく目にするけどどういう内容なのか全然わからなくて気になってたところ図書館にあったので読みました。まったくのタイトル通りなんですね。輸入雑貨の貿易商を営む井之頭五郎が商用であちこち赴いた際に食べたものとかそのお店の様子を彼の視点から映し出していて、孤独感がいい意味で伝わってきます。その地域の人の生き様とかも垣間見られて面白い。病院食まで出てくるとは、すごいな~。
    新幹線でジェットシュウマイは食べるべからず、ですね。
    読むとお腹がすく漫画ですね。

  • ドラマのシーズン4が始まるということで単行本を買って改めて読んでみたけど、やっぱ面白いね!

    料理の紹介以前の、食事する場所やシチュエーションの奥行き描写、お話の余韻の持たせ方等、他のグルメ漫画とは一線を画する文学性の高い作品だと再認識させられました。

    単なるグルメ漫画だと思って敬遠している人がいるなら、騙されたと思って読んで欲しい。

  • ドラマにハマって読んだ原作マンガ。
    ドラマではどんな食べ物が出て来るのか、そして五郎さんの食べっぷりとつぶやきが面白かったけれど、原作はまた一味違う面白さがありました。
    よりリアルでシニカルな面白さがあって、マンガも気に入りました!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ドラマにハマって」
      へぇ~、誰が演じていたのかな?
      「ドラマにハマって」
      へぇ~、誰が演じていたのかな?
      2014/03/17
  • この主人公の料理へのコメントがいちいち面白い。普段の食事で何気なーく思っていることが文章となり漫画となっただけのに。客観的にそれを見てしまうとなんか面白い。そして、ひとりごはんなのに孤独を感じさせないのがまた良い。いいじゃん独りで!世間では便所飯とかが流行っているらしいけど、ひとりで食べることを恐れている人に是非読んで欲しい一冊!!これを読むとひとりごはんしたくなるよ!!

  • バイブル。

全226件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

久住昌之(くすみ まさゆき)
1958年生まれ。81年、泉晴紀(現・和泉晴紀)と組み泉昌之として漫画家デビュー。同コンビでの作品に『かっこいいスキヤキ』、『豪快さんだっ!』、『食の軍師』など多数ある。実弟の久住卓也とのコンビ、Q.B.B.で発表した漫画『中学生日記』で第45回文藝春秋漫画賞受賞。同名で『とうとうロボが来た!』なども発表。
その他代表作として、故・谷口ジローとのコンビによる漫画『孤独のグルメ』があり、テレビドラマも人気を博し2018年大晦日に至るまで、定期的にスペシャルドラマが放送されている。『花のズボラ飯』も原作を務める。

孤独のグルメ 【新装版】のその他の作品

久住昌之の作品

孤独のグルメ 【新装版】を本棚に登録しているひと

ツイートする