扶桑社新書 経済で読む「日・米・中」関係~国際政治経済学入門~

著者 :
  • 扶桑社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594056858

作品紹介・あらすじ

経済がわかれば世界が見える!最新ニュースで読む、日本・アメリカ・中国による熾烈なるパワーゲームの仕組み!分かちがたく結びつく世界経済。日本・アメリカ・中国の関係解読決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  日本・米国・中国の三国の関係を中心に国際政治・経済を読み解く本。

     読んで日本は本当に他国に流されがちだと痛感。かと言って今の日本に自立してやっていくための能力やビジョンがあるかというと、明確に肯定できない。

     著者の言うように、政治と経済を一体的に考えていく姿勢が重要であることは今更言うまでもないだろう。

  • [ 内容 ]
    経済がわかれば世界が見える!
    最新ニュースで読む、日本・アメリカ・中国による熾烈なるパワーゲームの仕組み!
    分かちがたく結びつく世界経済。
    日本・アメリカ・中国の関係解読決定版。

    [ 目次 ]
    第1章 貧しくなる日本人
    第2章 通貨は警告する
    第3章 危うい大国中国
    第4章 漂流する超大国アメリカ
    第5章 北朝鮮「核」の舞台裏
    第6章 日本の運命握る「日・米・中」三角関係
    第7章 危機の断面

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 結局、読まなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

田村秀男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする