阿寒に果つ (扶桑社文庫 (わ8-2))

著者 :
  • 扶桑社
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594057497

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パパの本棚から拝借。
    実は1982年(私が生まれた年!)のものでしたが、
    表紙の絵がなかったので、絵のある2008年バージョンにレビューします◎

    あとがきにもあるように、
    「犯人を捜す推理小説」というよりは、
    「自殺の動機を捜す推理小説」といった感じ。

    1,2章あたりでは「え、まだ新しい男でてくるの?!」ってウンザリ。
    3章あたりではやっと純子の男性遍歴がわかってきて、
    4,5章あたりでは「そうかやっぱりな」っていう納得があって、
    6章でタネあかし。

    っていう感じ。

    ホント息もつかせずな展開。

    全体を通して白と赤のコントラストがものすごく美しい。
    とっても古いお話なんだけれど、
    今読んでもドキドキしてしまう。

全2件中 1 - 2件を表示

阿寒に果つ (扶桑社文庫 (わ8-2))のその他の作品

渡辺淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする