コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

  • 扶桑社
3.64
  • (6)
  • (8)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594057541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気ドラマのノベライズ本だ。1つ1つの文章により、その映像が浮かんでくるようだった。

  • ドラマのノベライズ本です。
    ドクターヘリの重要性を知れたのと同時に
    フェローたちの病院での働きぶりに心を動かされました。
    医者の仕事は、肉体的にも精神的にも大変そうだなぁと思いました。

  • ドラマを見てハマって本を買いました。
    ドラマを見ていて内容を理解していたので、
    最初はつまらないかなと思っていたのですが、
    本は本で違う楽しさがあり良かったです。
    医療の最先端のドクターヘリを題材としていました。
    本だとドラマ並の迫力はないのかと思いましたが、
    読んでいても迫力が伝わってきたので感動しました。
    全力を尽くし患者さんを助けるフェロ達の強さを感じる事ができました。
    医療関係に興味がある方にはぜひオススメです。

  • 人の命を助けるというのは簡単ではないことをリアルに伝えている本でした。ほんの小さな間違いにも大きなミスになってしまう時間との戦いを感じ真剣に読んでしまいました。見逃さなくてはならないときや、どうしても助けることのできなかったときの辛い気持は医者にしかわからないことであって、いろいろと考えて読んでしまう本でした。

  • ドラマのほうも拝見しました。
    感動する部分もあって、とてもいいお話だなと思いました。

  • ドクターヘリで急病患者を病院に運びなおしていくお話。病院の話。

  • あまり取り上げられることのないドクターヘリの話。
    ドラマ同様楽しめた。

  • この本はドラマになって、話題にもなった本です。内容はある病院での出来事です、今日本でドクターヘリはあまりないのですが、さまざまな所に行き車でも行けるが間に合わない時にドクターヘリが登場します。
    そのドラマでは新人がドクターヘリに乗るためにさまざまな訓練、現場に行き命を救う物語です。そして友情・仲間がテーマでもあります。
    感想は、この本はドラマを見て初めて知ったのですが、実際にある病院が舞台でそれに驚きだし、命の尊さなども学んだし、病院の現状的なものも、学んだ気がしました。

  • ドラマでずっと見ていて、ドラマにとてもはまり、小説が出ているのを知って読みました。
    この物語は救命救急センターにフライトドクター候補生として赴任してきた藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男の4人の医師の物語です。
    この4人のフェローは個性的な人物で、みんなが打ち解けるまでに時間がかかりました。
    それぞれが強い意志を持ち、仲間でありながらもライバルとして働いていく姿がとても印象深いです。
    自分はこのドクターヘリという医療の最新技術はすごいなと感心しました。
    今テレビで2NDシーズンをやっているので興味がある人は見てください。

  • ドラマを観て興味を持ったので本を読んでみました。
    どちらもとてもよかったです。

    どんなときでもあきらめないフェローの姿が、とてもかっこよくみえました。
    また、ドラマでやるのでそれも観たいと思います。

全30件中 11 - 20件を表示

林宏司の作品

ツイートする