ネプチューンの迷宮 (扶桑社文庫)

著者 :
  • 扶桑社
3.67
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (719ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594057657

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終章から漂う焦燥感と切迫感がすごくよかった。

    それまで長かったけど

  • 小国などを舞台とした作品です。

  • 1日の時間の流れを濃密に描いています

  • おそらく最善の1つ

  • 先に読んだ本が面白かったので続けて読んでみました。面白かったです!タイトルも良いやね、うん。

    読んでいてう〜んと唸ってしまいました。自分の価値観と違う文化を評価するのは確かに間違いです。ただ、世界の先進国と同じ価値観を持っていない国は時流から置いていかれる。自分の価値判断で納得できない事柄や文化に出会うと差別や偏見が生まれる。大切なのはいかに頭で知りえた知識ではなく自分が触れた文化をどのように吸収し判断するかと言うことなのかなあなんて思いながら読みました。

    それにしても。途中まで読んでいて表紙の絵に気が付き、あ、これはもしかして今後起こることを示唆しているのか?と青くなりました。そうでもなかったみたいでよかった。途中まで読んで、あまりに先が気になるので最後まで一気に読み、また戻って詳細をきちんと追いかけました。満足。

    ただ、あのFAXは何で来たんでしょうかねえ。最後まで何となくひっかかっているんですが〜

全6件中 1 - 6件を表示

ネプチューンの迷宮 (扶桑社文庫)のその他の作品

佐々木譲の作品

ネプチューンの迷宮 (扶桑社文庫)はこんな本です

ツイートする