FX短期売買の教科書

著者 :
  • 扶桑社
3.05
  • (3)
  • (0)
  • (13)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 59
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594059361

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  短期売買といってもデイトレ、スイングを薦めている本である。短期売買のメリットは短時間でのリスクの限定、相場観の排除、機械的なトレード可能と考えるが、超短期のスキャルは売買のノイズであると割り切りが必要。勝てる優位性を見つけられても、メンタルで負ける。常勝はありえないと知らなければいけない。

  • 素晴らしい‼

  • FXの短期トレードのことについて勉強になった。

  • この手の本は、そういう考え方もあるのか程度の参考にはいですね。

  • FXのデイトレなど、素人がやるのは無理だとあきらめてください。カモられます。

  • FXを始めるときに読んだ本。
    私はこれでトレンドラインの引き方を練習しました。
    とても役立ちました。

  • FX「シグナル」を先取りして勝つ!
    がイマイチだったので、思わず買ってしまいました。

    短期売買といってもデイトレ~1週間スイングを想定して書かれてます。

    終始、トレンドラインの引き方にこだわっており、

    他のオシレーターや移動平均すら、ほとんど使ってません。

    でも、私もトレンドラインは基本だと思いますので、

    ”教科書”としては良いんじゃないでしょうか。

    これで参入の目安は勉強できるんじゃないかと思います。

    個人的にはポジションサイズについて、

    もっと詳しく書いてほしかったです。

    ■引用
      鉄則「相場で起きていることはすべて正しい」

    どこかで聞いたようなせりふですが、このとおりですね。

    自分の予想が当たるんなら、儲けるのは簡単。

    予想が外れたときに、どう行動するかで、結果が決まります。

    ■引用
      プロのディーラーの場合、基本的にデイトレーダーと同じく
      日計りでトレードします。
      「翌日に持ち越してはいけない」というルールを破れば
      クビになっておかしくない世界です。

    そうなんだ。。。

    FXだったら、ほぼ24時間取引できるのに、ちょっと意外ですね。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位取得退学。修士(政治学)。現在、京都女子大学現代社会学部教授。国際関係論専攻。『人間存在の国際関係論――グローバル化の中で考える』(分担執筆、法政大学出版局、2015年)、『地域紛争の構図』(分担執筆、晃洋書房、2013年)、『国際関係論入門――思考の作法』 (分担執筆、法律文化社、2012年)、ほか。

松田哲の作品

ツイートする