頂きはどこにある?

制作 : 門田 美鈴 
  • 扶桑社
3.63
  • (66)
  • (137)
  • (115)
  • (31)
  • (7)
本棚登録 : 1034
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594060527

作品紹介・あらすじ

谷間に住む不幸な若者。彼は、まだ見ぬ世界をもとめて必死で山の頂きへと登り、そこで不思議な老人に出会う。老人が教えてくれたのは、「山と谷の対処法」-仕事と人生における良い時期と悪い時期を思いどおりに操るスキルだった!世界的超ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』のスペンサー・ジョンソンが贈る、新たな人生の指針。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「チーズはどこへ消えた?」の続編とのことだったので読んだが、これだけでも独立している。

    スペンサー・ジョンソンの本は小学生への読み聞かせでもよいほどの文章で、人生の大切な心構えが学べる。

    星四つだが、この手のジャンル(自己啓発系)では自己基準で最高。

    下記に付箋を貼った箇所の要約をのせる:

    29:順境にいるときに対応しきれなくて、逆境を招く人が多い。

    39:山(順境)にとどまりたければ、そのための準備をしなければならない。

    63:エゴは山では人をごう慢にし、谷(逆境)では人を恐れさせる。現実を歪め、真実を見えなくする。

    68-69:エゴを捨てると山に長くとどまることができ、谷から早く脱することができる。

    70:具体的なビジョンは山を登らせ、谷にいてもそこで山の気分を味あわせる。互換をフルに使って具体的に到達したいビジョンを描くこと。

    76:人は恐怖に満ちたビジョンも描く。具体的ビジョンを描き山を目指すか、恐怖に満ちたビジョンで谷をすみかとするか。

    84:願うだけでは行動に繋がらない。しかし具体的なビジョンは、それをしたくさせる。行動したくなる。

    87:ビジョンに従い行動を起こせば、山頂に到達する方法が見えてくる。

    90:高いところからは多くの者が見える。谷にいるときに必要なビジョンは、山に登ったときに目の前に見える光景を想像すること。

    94:五感を使い山に登ったビジョンを抱くと、やる気と元気が湧いてくる。

  • 谷間に住む不幸な若者。彼は、まだ見ぬ世界をもとめて必死で山の頂きへと登り、そこで不思議な老人に出会う。老人が教えてくれたのは、「山と谷の対処法」―仕事と人生における良い時期と悪い時期を思いどおりに操るスキルだった!世界的超ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』のスペンサー・ジョンソンが贈る、新たな人生の指針。

  • 子どもに大きくなってから読んで欲しい本です!

  • 前作に比べ、少しインパクトは下がるも、前作よりも考えさせられる作品。

    人生の幸福とは、成功とは何か。
    そして、貴方はそれをどうやって手に入れるか。

    そのヒントが書かれている。
    が、最後はやはり自分で見つけるしかないのだ。

  • 定期的に読みたい。
    その度に発見や振り返りができそう。

  • 物語調で順境と逆境を山と谷に例え、考え方を教えてくれる本。
    とても読みやすく面白かった。

  • 自分に行き詰まった感があったので手にとりました。
    心に良くも悪くも客感的に物事を見るゆとりをもち、考え、
    ひとりよがりにならないこと、が教訓でしょうか?
    和訳なのでニュアンスのとり方が???なところもありましたが、
    何回も読み直したい本です。

  • 「人生、山あり谷あり」を寓話にした本です。
    この著者の本は、やはり薄くて読みやすいですね。

    物事には原因があり、
    それは山でも谷でも変わらないこと。だから、
    その原因を追究して真実を見ることが大切であるということを伝えています。

    谷にいる時には、より悪く悲観したりしないこと。
    恐怖心に打ち勝ち、挑戦する姿勢を持ちましょう。
    その結果、山に向かっていくことが出来ますよということだと思います。

  • 「チーズはどこに消えた」の著者の人生論。人生には山と谷があるのはしかたがないけれど、大切なのは、谷にいるときに現実を見つめ、エゴを忘れて、現状に陥ることになったやりかたと別のことをやること。山にいるときは謙虚な気持ちを忘れないこと。更なる次の山に登るには、具体的なビジョンを持つこと。
    どれもこれもシンプルな教訓だけれど、それを本書はシンプルで読みやすいストーリーで示してくれる。この手の本は、本当に悩んだときに紐解くと、ストンと落ちるんだろうな。

  • 面白かったし分かりやすい◎
    どんな環境でも
    「気づく」ことの
    大切さを教えてくれる。
    何度も読み返したくなる本

全144件中 1 - 10件を表示

頂きはどこにある?のその他の作品

頂きはどこにある? (扶桑社BOOKS) Kindle版 頂きはどこにある? (扶桑社BOOKS) スペンサー・ジョンソン

スペンサー・ジョンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
スペンサー ジョ...
神田 昌典
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

頂きはどこにある?を本棚に登録しているひと

ツイートする