暮らしの手帖

著者 :
  • 扶桑社
4.25
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594060619

作品紹介・あらすじ

親とすれ違い、アルコールに倦み、若い恋人に惑い、三角関係に立ち止まる…それでも、生活は続く、愛は続く。苛立ちと幸福の間でさまよう魂の軌跡を描く心揺さぶる短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは自伝?フィクション入ってるのかな??

    なんにせよ、やっぱり暮らしの手帖からがすごいおもしろい。
    七子と僕の関係がすごく素敵。

    好きな箇所
    「ふと気配を感じて目を開けると七子が僕のほうにからだを向け顔を近づけていた。そして黙ったまま僕のからだにしがみついた。僕はこのまま死んでもかまわないと思うほどの深い安堵に包まれて眠りに落ちた。」

  • 松子はセックスの最中、「私のもの、私のもの」と声をあげることがあった。それは「好き」とか「愛してる」などという甘い言葉の何倍も僕の心を打った。pp74

    てとこ。私の心も打った。

    七子や松子の不安定ぶりや小言に共感もてる。
    私もやばいかな。

全2件中 1 - 2件を表示

ECDの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
内澤 旬子
大野 更紗
三浦 しをん
植本一子
朝吹 真理子
角田 光代
有効な右矢印 無効な右矢印

暮らしの手帖はこんな本です

ツイートする