フィルムコミック東のエデン

著者 :
  • 扶桑社
3.97
  • (11)
  • (13)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594060930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画を見て、内容を知っていてこそのフィルムコミック。
    映画より先に見るべきじゃなかった。

    映画に勝る点は手軽さぐらいじゃないかと思うから、ファングッズの位置づけ。よっぽど好きでもない限り、買う必要はないかと思う。

  • アニメと違い、滝沢くんの声が聞けないし、主題歌もないから物足りないけれど、
    コミックスのほうが気軽に読める。

  • 背表紙に描かれている「ノブレス・オブリージュ」の文言を見てジャケ買いしました。だけど、ひとつのモチーフであるはずの「ノブレス・オブリージュ」を感じさせる話ではなかった。劇場版も読むと全体のメッセージが見えてきそうなので、続けて劇場版も読みたい。

  • フィルムコミック。
    流石にこれだけでは少し分かりにくいけれど、一話ごとの解説で何とか補完。
    ちょこちょこ見受けられる森見テイストににんまり。

    娘のおすすめアニメ。
    こちらでは放映されてなかったしDVD借りてみる気力もないしので、お手軽にフィルムコミックで。

  • アニメが気になってて、でもみられなくて。勢いで買って見た。欄外に解説とかあって面白かったです。続きも買おう。

  • ノイタミナも映画も見てません。
    ダ・ヴィンチの連載はちょいちょい読んでいた位。

    こーんな話だったんだねえ。

    設定を理解するまでに時間はかかったけど、
    構造が見えてくると俄然面白くなるね。

    板津に会うあたりが一番盛り上がった!(私がパンツさん好きなだけかね)

    まだまだ続きがあるようなんで、追っかけてみようー

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1966年、埼玉県生まれ。アニメーション監督、脚本家。株式会社クラフター代表取締役 共同CEO。背景美術スタッフとしてキャリアを開始。2002年、『ミニパト』で監督デビュー。代表作に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ、『精霊の守り人』『東のエデン』などがある。2017年3月、初の劇場オリジナル作品『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が公開。

「2017年 『映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神山健治の作品

ツイートする
×