心のベールに触れられて (扶桑社ロマンス)

  • 扶桑社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594061067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    19世紀初頭の英領西インド諸島。23歳のシーラは亡母の知合いが経営する海運会社の経営を手伝い自由を謳歌する日々を送っていた。だが、伯爵夫人であったシーラの母は夫の伯爵から不貞の汚名を着せられた上さらにむごい仕打ちを受けていた。耐えかねた母はロンドンを離れ西インド諸島へやって来たが程なく熱病に罹り世を去る。母の過去から結婚に複雑な思いを抱くシーラ。そんな彼女が尊大だが魅力的なドレイクという男性と出会い、ふたりは強烈に惹かれ合う。だが、ドレイクも複雑な過去が…。

    うん、気持ちの動きがすべて納得できるのもめずらしい。
    シーラもドレイクも彼らの気持ちの動きがしっかり見えて、そして納得できてとても面白かった。
    これも3部作なのね。
    残りの2部はぜひとも読まなければ!

    ドレイクのひねくれ方と甘え方がいいなぁ、と思ってしまう。
    シーラの頭脳にも拍手。

    Touch me by Lucy Monroe

  • リージェンシーのはずなのに、女性が奔放過ぎw
    ヴィクトリア朝くらい後の設定の方がしっくりくるかも・・・
    まあそれはさておき、ヒロインとヒーローの屈折ぶりが面白かった。
    自分に自信があるように見えて、自分の存在自体に疑問を持っている二人が、惹かれあいながら愛し合う姿が良いのです。
    これがシリーズ1作目で、あと2作出版されるとのこと。
    早く続きが読みたいww

全2件中 1 - 2件を表示

ルーシー・モンローの作品

心のベールに触れられて (扶桑社ロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×