フィルムコミック 東京マグニチュード8.0 (単行本)

  • 扶桑社
4.63
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594061272

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TVアニメのフィルムコミックで、原作アニメは視聴済み。
    フィルムコミックかぁ…と少々舐めた気持ちで読んでいたけど、読んでるうちにアニメのシーンを思い出して泣いてしまった。

    巻末にプロダクション・ノートが付いている。

  • 「うん!
     ぼく お姉ちゃんの名前、大好きだから。」

  • ■書名

    書名:フィルムコミック 東京マグニチュード8.0
    監督:橘 正樹
    脚本:高橋ナツコ

    ■概要

    アニメ"東京マグニチュード8.0"のフィルムコミック。
    東京でマグニチュード8.0の地震が発生した。
    家族に対して素直になれない中学生・未来、
    “空気を読む”優しい弟・悠貴、そして5歳の娘をもつシ
    ングルマザー・真理。想定外の大地震に見舞われた3人が
    助け合い、それぞれの家族のもとへ歩き出す。

    ■感想

    前から興味があり、アニメが見たかったのですが、近く
    のレンタル屋さんに置いてないので、仕方なくフィルム
    コミックを買いました。

    3/11に、東日本大震災があった為、このアニメに描かれて
    いる事は全て現実に十分に起きえるという事が十分に認識
    出来ました。
    もしも、関東直下型地震が起こった場合、恐らくこのアニメ
    に描かれているくらいでは済まない気がします。

    まあ、それはさておき、このアニメ、非常に良く出来て
    います。地震の発生をトリガとして、主人公3人の迷い、葛藤、
    変化を丁寧に描いています。

    最後の三話ぐらい前から、終わり方が何となく分かってし
    まいましたが、それでも、最後はやっぱり泣けました。

    このアニメは、地震によって発生した一つの家族の物語
    に過ぎないですが、こんな別れが山ほど発生するのが、
    大地震ということを忘れないで、日々大事に生きていき
    たいと思いました。
    (勿論、今回の大震災でも十分認識していましたが・・・)

    個人的には、大震災発生前に見ておきたかったアニメです
    がお勧めです。

  • テレビのアニメをそのままフィルムコミックにしたものです。
    1話から最終話まで掲載☆
    やっぱり泣いちゃいました~><

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フィルムコミック 東京マグニチュード8.0 (単行本)はこんな本です

ツイートする