ぼくらの祖国

著者 :
  • 扶桑社
4.25
  • (105)
  • (82)
  • (33)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 655
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594061838

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビでお馴染みのジャーナリスト青山繁晴氏の最新作。

    個人的にはこの人以外はジャーナリストと思っていない。
    むろん、この人だって人間だが、以前サイン会でお会いしたときに本当に熱い方だと思った。
    テレビのまんまの人物で、筋の通った解説をされるし、とても謙虚な人でもあると思う。

    冷めてしまう自分にとっては熱すぎて評価は4.2といったところ。
    この作品は、祖国とはなにか?という問いかけを骨格に
    様々な側面から著者の考えが垣間見ることができる。

    原子力のこと、硫黄島のこと、メタンハイドレードのこと―
    恥ずかしながらまったく知らなかった。
    幼い時からこの本の内容で教育されれば、きっと―。

  • 硫黄島のことを知っただけでも、読む価値があった。

  • 大好きな青山繁晴さんの本。
    といっても、このかたの本を欠かさず読んでいると言うわけではない。
    主に、ネットで青山さんの言論に触れ、惹かれているからだ。前著からは2年半ほどたっているらしい。
    本の帯には『著者待望の新作!』と書かれているが、本当だと思うし、僕もこの本を手に入れられたことは嬉しい。
    (とはいえど、発売日からしばらくして、昨日手に入れたのだ)
    さて

    冒頭より丁寧に書かれている。
    あたかも、詩のごとく、歌のごとく、手紙のごとく

    青山さんはこのタイトルに見られる通り、『ぼくらの』としている『わたしたちの』とか『我々の』ではなく、『ぼくらの』とされたことは意味深いと思う。そこからは、直接、同等の立場で話しかけてくれる青山さんの気配を感じるからだ。

    読者の対象を選ばない本だけれども、読み手である僕自身がが若返った気持ちになれる。
    こうやって、心強いメッセージを受け取ったのはいつぶりだろう。

    本書では、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字が存在している。
    いや、それらが存在しているのどの本もそうかもしれないけども、ある意味合いを感じるように布石されているようにとれるし、青山さん自身も、この四種を文脈に沿って使用していると説明されている。

    この本の執筆において、青山さんは時に涙を流したのであろうか、それとも冷静に書き続けたのだろうか?
    いずれにせよ、机にかじりついて真剣にこの本に向き合ったであろうことは想像に難くない。

    純文学の作家であるように、章のタイトルも素敵である。
    その章を読み終えたあとに、このタイトルを見つめるとより深く考えることが出来る。どういう思いで描かれたのか、それを知ることができる。

    たしかに、東日本大震災について、硫黄島について、エネルギー資源について多く語られているが、すべてを貫くことは「祖国」を感じることだと思う。こと、硫黄島の章にあっては、涙をながさずにはいられなかった。

    「祖国」ということ
    「祖国」というもの
    第二次世界大戦後、「ぼくら」はそれをあまりにもないがしろにしてきた。
    それは肌身に感じるものことではなくなってしまっている。
    反省だけではなくて、これから「ぼくら」がすることと、目を向けることが記されていると思う。

    中学生以上であれば読めると思うし、少し難しいようであれば親が聞かせてあげられるくらいに、分かりやすい内容となっている。

    みなさんにすすめたい本だ。

  • 平成のサムライ 青山繁晴氏の著書 一気に読みました。

    青山さんウオッチャーの方なら本の内容についてはテレビやネットで知っておられるかと思いますが。この本をよむと青山さんの想いが強く伝わってきます。

    家族にも読ませたいと思っています。

  • この本では「原発事故」と「硫黄島」の話しが多くのページを割いて語られます。原発事故は色々なところで色々なことが語られていますが、硫黄島に触れたものは少なく、この本はとても良かったです。日本人ならば知っておかなければならないことです。なんでこれを学校で教えないんでしょうか。
    何故か日本では国の話をすると「右翼」呼ばわりされてしまいます。戦争で亡くなった人の話をすると敗戦を正当化したいのか、とか、、、不思議なことです。私はいわゆる「右翼」ではありませんし、自民党は大キライですが、何かそういうのは違和感がある。こんな違和感を感じなくて良い日本にしたいなぁ。この本読んで、そんな事を思いました。良い本です。

  • 青山さんが言っていることはおそらくごく普通の当たり前のことだと思う。ただ、この精神を持ったまま生きることがそこそこ困難なので背を向ける人もいるかもだけど偏見を持たずに色んな人に読んでみてほしい。で、どう思うだろう?知らないことが沢山書いてあるはずだ。或いは、見ようとしないことが沢山書いてある。ここにあるようなことを踏まえて考えることを拒否するのはフェアじゃない。原発のことや硫黄島のことこの国のことを考える上で良識を持って話をしている人の一人だと思う。

  • 北朝鮮問題、東日本大震災で特に福島原発に関する話、硫黄島に関する話、日本海のメタンハイドレートとエネルギー政策に関する話があり、とても面白い内容である。読み進めていくと色々と感じることはあるが、日本にはまだ可能性があるのではと思った。

  • 2012年刊行。ルビを振っており、小学高学年ないし中学生向け。良いことも書いてあるが(原発の点など)、少々偏りすぎだ。
     違う立場、例えば、兵士の立場からのものの見方も示さないと、偏頗の謗りを免れまい。難しくないから立ち読みでも充分読み込める。

  • 家族にも読ませたい。

    自分の足で見てきた人の重さ。

    そして、それを行動に移す大事さ。

    小さい頃から思っていた、何故本当のことを言う人の言葉を流すのが「危険」なの?

  • 青山繁晴さんが取り組んできた様々な問題や課題、行動をまとめて書籍化したのが本作ですね。内容はラジオで語っておられた事ばかりでしたので青山繁晴ウォッチャーの私には目新しい内容はありませんでしたが、改めて活字で読み込んで見ると耳で聴くだけよりも、数倍の威力がありますねぇ〜いろんな感情が勢いよく入ってくるもんだから、ところどころで涙が溢れてしまいました。原発も戦後もエネルギーも拉致被害者も
    根っこで繋がっているんですね。

    僕たちは
    自分達のルーツをつぶさに見て
    何が正しかったのか?
    何がどう変わってしまったのか?
    これからどう変えていくのか?
    未来に何を残していくべきなのか?

    歴史をしっかりと勉強して
    たくさん知らないとダメだ。
    その上で考えて、話し合って
    最善を尽くして、ちゃんと選んで
    それを伝えて残していく

    日本の凄いところ
    日本人の素晴らしいところを
    ちゃんと知って、残していきたい…

    そんな熱い気持ちにされる良い本でした。
    やっぱり青山さん凄い人だ。

全77件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

●慶大文学部中退、早大政経学部卒。共同通信記者として昭和天皇吐血など歴史的スクープ連発。●三菱総研に転じたのち日本初の独立系シンクタンク独立総合研究所の代表取締役社長・兼・首席研究員。●熱血先生と呼ばれる近畿大経済学部客員教授(国際関係論)のほか東大教養学部特設ゼミ、防衛省幹部研修、総務省消防大学校、関東管区警察学校でも教鞭。●公職は無償を原則に、内閣府原子力委員会原子力防護部会専門委員、文科省参与、海上保安庁政策アドバイザー、経産省総合資源エネルギー調査会専門委員、NSC創設の有識者会議議員、消防審議会委員など。●国内外で第一級専門家として認知された分野は危機管理、外交・安全保障、資源エネルギー安保、政治論など類例なき幅広さ。●「ザ・ボイス」(ニッポン放送)、「虎ノ門ニュース」(CS放送)、「TVタックル」(テレビ朝日)など番組参加が圧倒的人気。連続5時間前後の「独立講演会」も毎月、自主開催。●会員制レポート「東京コンフィデンシャル・レポート」(TCR)を16年超、配信。

「2016年 『壊れた地球儀の直し方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山繁晴の作品

ぼくらの祖国を本棚に登録しているひと

ツイートする