常識人の99%は非常識である (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
2.73
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594062156

作品紹介・あらすじ

「あなたって非常識」といわれたことありませんか?「みんながそういっている」といったことありませんか?常識に縛られているアナタへ。打倒「常識人」!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなりご都合主義な主張を聞かされる気分になる。
    昔ながらの常識っていうのは社会体系を維持するための教育的な意味合いもあるのでこんなのもう時代遅れとか、もう意味がないというのは辞めて欲しいというか、じゃあその新しい常識が根付くとどうなるのかまで考えて発言してほしい。
    日本人は思ってても言わないもんなんですよ。
    筆者は海外を転々としてきたようなのでその点が薄れているように思います。

  • 特筆なし

    ブックオフで100円

  • 梅田地下駅中店で単品訴求開始

    序章 常識ってなに?
    第1章 結婚にまつわる常識・非常識
    第2章 ○○らしくすべき?
    第3章 親子関係の常識・非常識
    第4章 社会生活にまつわる常識・非常識
    第5章 常識・非常識を世界から見ると

  • (欲しい!)/新書

全5件中 1 - 5件を表示

内山安雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀江 貴文
東野 圭吾
有川 浩
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

常識人の99%は非常識である (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする