「世間」を笑い飛ばせ! (ドン・キホーテのピアス14)

著者 :
  • 扶桑社
3.93
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594062521

作品紹介・あらすじ

「大切なこと」はいつだってシンプルだ。週刊SPA!の最長寿連載エッセイ最新刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  SPA連載のエッセイ、もう14弾。今回も楽しく読めた。中々にお下劣な挿絵もまた良し。

  • いつもどおりおもしろい。
    グローブ・ジャングル気になるなー。

  • 文章は上手いなぁと思うけど

    取り立てて得たものが無かったな。

    リアル知人の名前が出て来てビックリした!

  • 鴻上さんの思考は好きだ。自分の頭で考えてる人の言葉だなあ、まっとうだなあ、と思う。

  • 今回はタイトルどおりに、演劇の話よりも社会評論…とまではいかないけど、社会のあれこれへの随筆が中心でした。
    演劇話よりもそっちのほうが実は好きな私には嬉しかった。
    しかし舞台版ドラえもんは観てみたかった…!!

  • やっぱり面白いわ~

  • 購入した本。


    う〜ん。鴻上尚史は好きだったんだけどな。
    言ってることは、橋本治と大差ないんだけどな。
    なんだろ。読めば読むほど盛り下がる。
    加えてイラストが下品過ぎる。


    もっと、ドキドキワクワクと頭使いながら読みたかったな。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。作家・演出家・映画監督。大学在学中の1981年、劇団「第三舞台」を旗揚げする。87年『朝日のような夕日をつれて87』で紀伊國屋演劇賞団体賞、’94年『スナフキンからの手紙』で岸田國士戯曲賞を受賞。2008年に旗揚げした「虚構の劇団」の旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」では、第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した。著書に『あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント』『八月の犬は二度吠える』(ともに講談社文庫)、『青空に飛ぶ』、『不死身の特攻兵』(いずれも講談社)などがある。

鴻上尚史の作品

ツイートする