蘇えるスナイパー (上) (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
3.73
  • (15)
  • (20)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 193
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スワガーシリーズの中で1番かもしれないっていうの、
    ホントかも。
    すっごく魅力的になった、ニック・メンフィスもまたいい!
    食指をそそられる内容で、いつものように早く読みたくなくなり、
    ゆっくりと読んでる。
    上巻をまだ半分くらい。
    私にしては、かなりスローペースだぁ。

  • 1

  • 面白い。このワクワク感を待っていた!

  • ボブ・リー・スワガー6作目。FBIの事件を中心にスワガーがスナイパーとしての知見を求められ事件の捜査に乗り出していく。一言でいうと単純だけど無理のない展開と後には引けない状況にスムーズに進展していってとても自然。上巻はこれからボブの本当の戦いが始まる的なところで終わるので下巻を読むのがとても楽しみになる。

  • 物語りは、全米を揺るがす4件の狙撃事件のシーンから始まる。FBIの初動捜査によりベトナムにおける、伝説的なスナイパーによれ犯罪が濃厚となるが、本捜査を指揮するニックは、射撃の専門家という触れ込みで旧知である老スナイパー、ボブ・リー・スワガーに鑑定を依頼する。ボブは、これら事件の狙撃がありえない精度でおこなわれたことを突き止め、ベトナムのヒーロースナイパーのギアでは不可能なことを証明する。では、この超絶技巧の狙撃は、どのように可能となったのか。物語りは、ハイテクスコープ、事件の背景、FBIの指揮捜査官への誹謗中傷などを巧みに織り交ぜ進んでいく。

  • 海兵隊を退役したスナイパーが起こしたとされる射殺事件の真相を探るボブ・リー。
    歳を経て初期の頃の熱さは減りましたが逆に洞察と言うか思考に時間を掛けて物事に当たる姿が落ち着いていていい味を出しています。
    ワシントンの力学で追い詰められるニック、そのニックとFBI長官の信頼関係やボブ・リーと退役軍人達の協力する姿も読んでいて魅力を感じます。

    とにかく面白くてどう決着が付くのか楽しみです。

  • ひさしぶりに読むボブ・リー・スワガーシリーズ。年老いたボブだが新たに洞察力や推理力を備えて私立探偵のような要素が加わってきた。その分アクションシーンは減ったものの、クライマックスに向けて盛り上げ方は一級品。楽しく一気に読んでしまいます。

  • まだまだ感は強いが本道に立ち返って来た感じかな。スワガーらしい強引さが足りていないが前作の正義のヒーローなスワガーでは無く。。。だけど初期の泥臭さが感じづらいんだよな。それでも大分良い。後編に期待。

  • ☆☆☆☆

  • ボブ・リー・スワガーシリーズ。
    全作を読んでいるファンです。

    さて本作は、
    上巻は比較的ゆっくり進みます。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Stephen Hunterスティーヴン・ハンター1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞。

「2016年 『我が名は切り裂きジャック(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・ハンターの作品

蘇えるスナイパー (上) (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする