珍獣の医学

著者 :
  • 扶桑社
4.25
  • (25)
  • (29)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :173
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063375

作品紹介・あらすじ

獣医は医療か、ビジネスか。現役獣医師が多様化するペット医療の知られざる現場を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エキゾチックアニマルを積極的に治療する獣医師による診療記。
    体長2cmのカエルの開腹手術とか金網から離れないアリクイとか、ちょっと奇抜な例を集めすぎじゃない?と思うくらい奇想天外な患者たち。
    野生動物を飼育することの是非やステロイドの功罪など、短く素朴な記述の中に考えさせられるトピックが多くある。
    不覚にも涙してしまったのは、長年連れ添った伴侶動物を看病しその死を受け止めようとする飼い主の姿。
    一方で、かければ確実に治癒に向かうお金や手間をかけることを渋る飼い主や、安易に安楽死を依頼する輩もいる。
    実の子にも勝る無二の愛情の対象とも飽きたら捨てることのできる所有物ともなり、また屠殺されることを前提に生まれてくる家畜ともなる動物たち。この本には、この矛盾についてのひとつの見解も提示されている。

  • 動物好きの私にはとても楽しく読めた。
    専門的すぎずおもしろく一般の人向けに書いてある。

    勉強になった。ペットを飼う資格私にはなさそうだ~

  • エキゾチックペットも診る獣医師の日々の奮闘がわかる本。症例や治療について、もちろん医学書ではないが、素人に読ませるには充分なほど細かく描写されている。また、患蓄や飼い主との間で獣医師が抱えるジレンマや、職業としてみた場合の獣医師の収入などについても、割と言葉を選ばずに書かれている。獣医師の友達ができたら、酒を酌み交わしながらこんな話を聞かせてくれるんだろうな、という気分になれる一冊である。

  • エキゾチックアニマルと言われるものを飼う予定はない、むしろ爬虫類は苦手だ。
    著者への興味で読んでみた。

  • 日本の動物病院のほとんどは、犬と猫を中心に診療していて、それ以外の動物(珍獣)を診てくれる病院はそう多くありません。
    獣医師の田向さんは、哺乳類から爬虫類まで、他の動物病院で断られるような動物も診察する珍獣ドクターです。レンコンを食べ過ぎた犬や甲羅が割れたカメなど実際の症例から、ペット医療の知られざる現場を伝えます。

  • 貧血のトカゲに輸血、体長2㎝のアマガエルを開腹手術、ヘビの大腸ガン摘出など、ペットとして飼育される動物は、犬や猫だけでなく、ウサギ、モルモットをはじめ、カメレオンやカメ、カエル、プレーリードッグ、サル、珍しいものではアリクイなど、さまざまな種類に及ぶ。そして、最新のペット医療では、血液検査はもちろん、CTやMRIなど人間に行うのとほとんど同じ検査や治療を動物も受けることができる。しかし、いわゆる「動物病院」は、その大多数が犬と猫を中心に診療しており、野生動物やエキゾチックペットと呼ばれるこのような変わったペットが病気になったとき、診療してくれる動物病院は少ない。
     田園調布動物病院の院長、田向健一先生は、自らが変わった動物が好きだということもあり、哺乳類から爬虫類、無脊椎動物まで、ほとんどすべてのペットの診察を行っている。「具合が悪いアリクイ」や「元気がないタランチュラ」など、初めて診察する動物が来たときに、いったいどのように診断し、治療を行うのだろうか。悪性腫瘍ができてしまったハツカネズミから、ビー玉を飲み込んだカエル、ハリネズミの爪切りなど、「珍獣」診療の、驚愕かつユーモアたっぷりな最新現場を除くことができ、命を飼うということを考えさせられた。
     この本は、主にエキゾチックアニマルや野生動物を飼うことの是非について書かれている。そもそも人は、どうして、生き物を飼うのだろう?私も以前、もとは野生動物であった、エキゾチックアニマルに分類されるシマリスを飼っていた。ペットショップで一目ぼれだった。だが、ハムスターとかウサギとかは飼っている友達はいたが、シマリスを飼っていた友達はいない。何を食べるのか、ちゃんと最後まで育てられるのか、そもそも自分に育てられるのか、飼いはじめた後に不安になった。そんなとき、手をさしのべてくれたのが獣医さんであった。動物をちゃんと、一つの命として見るということ、特殊な動物を飼う場合にはリスクがあるということを親身になって教えてくれた。その時の経験と、この本を読んでみて、改めて、当たり前だけれど、動物は物ではないし、自分が思っていることを動物が思っているわけでもない。かわいがって、愛情を注ぐというのはすごく重要で、愛情に勝るものはないが、生き物としてちゃんと見ることが、動物を飼うことの最低限の心構えだと思った。
     野生動物を飼うことに、考え方は2つあって、人間は地球の中でどういう位置づけなのかという話になる。生態系のピラミッドの中の一つと考えるか、人間は超越した存在で、自然の生態系になんか属してないと考えるか。野生動物を大切にしよう!保護しよう!と皆は言うが、保護するにもしないにも、これはあくまで人間サイドの思いに過ぎず、もし動物たちに感情があるのなら、「今さらなにを…」という気持ちに違いない。
     この本の中で田向先生は、「ペットを飼うのは人間の業にほかならない」と言っている。そう、言葉はよくないけれど、「愛でる」も「消費」の一形態。自分の気持ちや日常の隙間を埋めるため、生き物を迎えたことには代わりない。暮らし方、生活の中でのプライオリティ、病気になったときにどこまで治療をするか、野生動物で言うならば、どこまで守ってあげるのか。選択するのはすべてその動物に関わっている人間である。まじめに考えると、生き物を飼育したがりな自分が嫌いになりそうである。
     そんな悶々とした気持ちを抱えつつ『珍獣の医学』を読めたことはとても幸せだと思う。なぜ飼うのか、なぜ人間の感情や常識を投影してしまうのか。動物に対して、「可愛い」「可哀想」の線引きがすごく曖昧な自分に気づく。そして、命を飼うということに、私も田向先生も自問自答し続けていくのだと思う。

  • 「ダイビングカメ」て

  • 文句無しに面白い。動物飼育好きが高じて獣医となった著者による、様々な哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、(そしてそれら動物の飼い主)の臨床記。アマガエルの骨折、亀の尿路結石、などの手術の記録が興味深いだけでなく、文章が上手。

  • 進路支援図書「はたらく人びと」
    2011/12/27更新 054号 紹介図書
    http://www.nvlu.ac.jp/library/workers/workers-054.html/

  • ペットとして飼える動物たちに起こる様々な病気や事故。獣医師だからこそ目にする、その現場の最前線を紹介する。

    この医院では哺乳類から爬虫類、無脊椎動物まで、幅広い珍獣が舞い込んでくる。それだけにその症状も治療法も多種多様。登場するのは歯が伸びきったハムスター、甲羅が割れた亀、自分の大きさほどのおもちゃを呑み込んだ蛙、巨大に膨らんだ金魚など。いかに自分が普段テレビなどで健康な動物たちしか目にしていないかを痛感するほど痛ましい姿の数々。こういった動物たちと日々向き合っている現場の方々には頭が下がるばかり。
    痛いという想いや苦しい箇所を伝えられない動物たちと真摯に向き合い小さな命を助けようとする、声なき声を聞く獣医師の想いや気苦労がよく伝わる貴重な本だと思う。

    ペットショップで出会った、保護した、迷い込んで住みついた…動物を飼うきっかけは人それぞれだ。しかし飼うということは、最後まで動物と向き合う義務が発生する。人によっては「可愛いから」「癒しがほしいから」という受け身で安直な気持ちで動物を飼い始める人も少なくないらしい。
    飼育することは「飼って」「育てる」こと。毎時間その動物に合った餌を与えたり、排泄を助けたり、ダメなことを覚えさせたり―そういった楽しいことばかりでは済まされないことも十分分かっておかなければならない。尊い命を預かるという心構えと、その間で発生する飼育の苦労も覚悟した上で飼ってほしい、そういった問題提起もされている。

    とお堅く書きましたが、元来フランクな先生なのか時折にやっとさせられるエピソードもあり、こういった厳しい視点を持ちつつも柔和な獣医さんが近くにいると飼い主の方は心強いだろうなと思わずにはいられません。
    動物を飼育している人、そして特に獣医師を目指す人にはぜひ手に取ってほしい本です。

全26件中 1 - 10件を表示

珍獣の医学のその他の作品

珍獣の医学 Kindle版 珍獣の医学 田向健一

田向健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
村上 春樹
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

珍獣の医学を本棚に登録しているひと

ツイートする