夫婦口論―二人で「老い」を生きる知恵 (扶桑社新書 100)

  • 扶桑社
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594064686

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勉強になりました。何度も読み返したい本です。

  • とっても ためになる本。子供の親として 耳が痛い内容もあるが、もっと 早くに出会いたかった本、子供が 小さかったときに。。。
    子育てしている親に プレゼントしたい本だ。

  • 産経新聞に連載されている曽野綾子氏のコラムは辛口だが、言っていることは正論だと思ったので、さらにこの人の意見を知りたいと思い、読んでみた。
    非常に知的な夫婦で、このような知的好奇心を高め合える夫婦は希少であるし、一つの理想形だなと思った。
    曽野綾子氏の権利をやたら振りかざさず、なるべく己の自助で生きようという人生観には共感を覚えるし、それこそが「大人」としてあるべき姿だと思った。

  • ■学校へのお礼の気持ちが学費納入

    書籍「夫婦口論」(二人で「老い」を生きる知恵)
    三浦朱門&曽野綾子著・扶桑社新書(育鵬社刊・229頁)から。
    最近、静岡県がクローズアップされている、教員の不祥事。
    もう策がない、と悩むのもわからなくないが、
    それって個人の病気だから・・で片付けるのも、あまり進歩がない。
    解決になるかわからないが、本著のメモにヒントを見つけた。
    正式には、もう少し長い。「学校に教育してもらうことに対する、
    ささやかなお礼の気持ちが、学費納入」とある。
    先生と生徒、さらに保護者との理想的な関係を、表現していると思う。
    大切な自分たちの子どもを、一人前の人間として教育してもらうから、
    学校に、いや先生方に、ささやかなお礼として、学費納入をする。
    これが、本来の「学校」と「家庭」の姿なのかな、と思う。
    お礼に価する「教育」は、簡単には出来ないけれど、
    先生方の一所懸命な姿がなければ、
    セクハラ等の不祥事を起こさないがやる気の見えない教師に、
    お礼の気持ちは湧いてこない。
    それは、公務員の私たちでも同じことが言える。
    「まちづくりへのお礼の気持ちが税金」なのだから、
    お礼がいただけるように、頑張らなくちゃな。

全4件中 1 - 4件を表示

夫婦口論―二人で「老い」を生きる知恵 (扶桑社新書 100)のその他の作品

夫婦口論 単行本 夫婦口論 三浦朱門

三浦朱門の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夫婦口論―二人で「老い」を生きる知恵 (扶桑社新書 100)はこんな本です

ツイートする