ボクらの時代 芸とロック  ~悩みながら前に進む

  • 扶桑社
3.88
  • (5)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594065010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012.1.14~2012.1.28 「聞き手に優しく、順序だてて聞いてる人が分かりやすく想像できるように話す」

  • テレビの「ボクらの時代」を出演者に関わらず録画してる時期があって、そのときたまたま録った中にこの三人の対談があった。
    私もあとがきのプロデューサーと同じく『赤めだか』おもしろく読んで、談春さんに興味があったし、ジュニアも斎藤和義も好きだったからなんという取り合わせ!で見た。
    印象に残ってたのがジュニアの「聞き手に優しく、順序だてて聞いてる人が分かりやすく想像できるように」って話で、見た後に思わず他の人にも伝えたくらい。
    そのあたりの話もまたしっかり読めてよかった。
    芸についての話が主だけど、先輩や師匠の話などもあって、分かりやすくて、おもしろくて、するする読めた。

全2件中 1 - 2件を表示

斉藤和義の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×