内部被曝 (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
4.19
  • (7)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594065775

作品紹介・あらすじ

じわじわと命を蝕む低線量被曝の恐怖。広島で被爆して以来、6000人の被爆者を診てきた95歳の医師が警告。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 疫学的に低線量被ばくの影響が解明されるまでに20-30年かかる。それまでの間どうするか。

  • 原爆で内部被爆の経過を良く知っている医師により、その恐ろしさが分かりやすく語られている。読んでちょっとショックだったが、あまり深刻になりすぎず、でも事実を見つめたいと思った。

  • ヒロシマ・ナガサキの被曝者の治療に一生を捧げた医師。世界でも数少ない内部被曝研究の第一人者でもある。

  • できるだけ多くの人に読んでもらいたい本である。

    私たち日本人は多かれ少なかれほぼ全てのものが被曝してしまった。だからこそ内部被曝についての本当のことをきちんと学ばなければならないし、放射能なんかに負けてはならないし、原発なんかに殺されてはいけないのである。この世で一番大切な命を、私たちは守っていかければならない。そのために世の中を変えていかなければならない。

    ああ、マストだらけだ・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

肥田舜太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

内部被曝 (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする