女体の森

  • 扶桑社
3.80
  • (6)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :99
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594066024

作品紹介・あらすじ

男にとって、本当の美女とは? 魅力を感じるボディとは?
週刊SPA! の人気連載「グラビアン魂」で約7年間にわたり、のべ300人以上のグラビアアイドルについて語り尽くした
みうらじゅん&リリー・フランキー氏。その対談を濃縮した形で収録。時に強烈な下ネタあり、時に男の生き様もあり。
両氏だからこそ言える美女の定義がビッシリ詰まっています。男性だけでなく、女性でも読んで楽しく、またためになる(?)一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おっさんがグラビアを広げてダベる。そして表紙を引き裂く!ロックロールエロ対談。

  • エロ話ばかりですぐ読むのを挫折。

  • みうらじゅんの語り本はたくさん出ているのだけれど、彼ほどの話し手でも、聞き手によっては驚くほどつまらなく仕上がることもある。例えば『郷土LOVE』。

    聞き手、もしくは対談相手は、「みうらが妙なことを言うのに付き合う」よりも「どこまでも一緒に乗っかりながら語る」方がはるかに面白くなる。

    その点、みうらじゅんとリリー・フランキーとの組み合わせは強い。本当に強い。猥雑(猥褻と雑学)の案配といい、男の雑談の最高峰である。

    ものごとの見立てや喩え、表現がそもそも面白いので、最早テーマが関係なくなってくる。本書のお題である「グラビア写真を見ながら」すら不要に思えてくる。彼らはきっと何を話しても面白いからだ。そういう意味で本書は、アイドルや写真集に興味がない人でも面白く読めるグラビア評論と言える。

    と言ったら熱いグラビアンの二人に叱られそうだが。

  • みうらじゅん、リリーフランキー良すぎる。
    下手に写真など使わず、二人の対談を再構成することでこの二人のグラビアに対する熱い想いを上手く読ませている。

  • 二人とも言葉のセンスが抜群に素晴らしい
    特にリリー・フランキーは畏怖すら覚える

    下らない話でよくまあこの量しゃべったわ

  • リリー本としては久々にハズレであった。グラビアアイドルに関する爺さんのダラダラ与太話という感じで、好きなに人は好ましいのかもしれないが、そうじゃない人には退屈なだけ…。

  • 26番乗り。くまざわ書店アルカキット錦糸町店にて発見。気になる。(2013/1/6)

  • タイトルにひかれた〈笑

  • みうらじゅん&リリー・フランキーが語る美女談義『女体の森』本日発売です。本当の美女とは? 魅力を感じるボディとは?この二人だからこそ成り立つ強烈な下ネタ有り、男を定義付けるまじめな話有りの一冊です!
    https://twitter.com/booklogjp/status/238795380500865024

全10件中 1 - 10件を表示

女体の森のその他の作品

女体の森 (SPA!BOOKS) Kindle版 女体の森 (SPA!BOOKS) みうらじゅん

みうらじゅんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
穂村 弘
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
水道橋博士
いとう せいこう
吉田 豪
角田 光代
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

女体の森を本棚に登録しているひと

ツイートする