銀行が超! 衰退産業になったワケ

著者 :
  • 扶桑社
3.14
  • (0)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594066505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これをわざわざ新書1冊で読む必要があるのかは、議論の余地があるとしておきます。
    今まで元本割れ商品を扱っていなかった銀行に、投信などのリスク商品を扱えるようにした規制官庁に問題があるかと。考えない消費者への実害なら、郵便局でのリスク商品取扱はもっと影響が大きいと思います。

    P68 ノーリスクの手数料ビジネスの例として、街の不動産屋をあげたのには納得。ただ、コンビニ本部も似たようなものかと。総合スーパーでの在庫リスクをオーナーに押し付けての業績拡大だと思っています。

  • 銀行は清廉潔白、安定という誤解を真っ正面から解いてくれる、良本!

  • 著者のことは直接存じあげてるが、本当に仕事のできる、そしてバランス感覚のある人。

    その著者が20年あまりの内外の銀行員生活で経験した銀行という産業のダメなところと再生の方法を説く。

    タイトルはキワモノっぽいが良書。

  • タイトルは「銀行」と冠しているが、証券も扱っている。
    主要な収益源の細りっぷりから、我が国金融業界の先行きの暗さを説明している。
    高給のくせに人は育成できない、そんな金融(銀行)の体質を批判し、「衰退産業」とこき下ろしているが、近年は電機産業の不振が顕著であったり、金融危機による欧米諸国の金融機関の低迷による相対的な地位向上などと比較すると、必ずしも日本の金融業が「超衰退産業」になったとは言えないのではないかと感じる。

  • お客さんの利益を第一に考えず、とにかく自分たちが儲かりさえすればいいという手数料ビジネスに血道をあげている限りは、日本の銀行も証券会社も10年後には組織としてどうしようもない腐った状態になっているだろうし(今でも似たようなもんだけど)、存在意義もなくなっているだろうなぁ。
    自己変革するしか生き残る道はないのに、高すぎるプライドと人件費がそれを邪魔する。端から見る限りは喜劇だが、日本にとっては悲劇だ。

  • 銀行だけでなく証券会社にも言及している。
    銀行の問題点は大企業へのて金利融資で、中小企業への貸し渋り、そこから生まれるノウハウの欠落。自分たちは特別な存在だという観念から生まれる、不合理なビジネスの数々。人件費すら下げられない。
    証券会社は自らがリスクをとらない手数料ビジネス。みずからは金融商品も生み出さず外資の下請けのような存在となっていることである。社会的意義を忘れている。

    みたいなことを延々言ってました。
    労働環境については触れられてないが、なんだか銀行がどうして単なる営業して身を削るだけの存在に成り下がっているのか、自分の中で納得できました。

全6件中 1 - 6件を表示

銀行が超! 衰退産業になったワケのその他の作品

永野良佑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀江 貴文
リチャード・P・...
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

銀行が超! 衰退産業になったワケはこんな本です

ツイートする