リッジウェイ家の女 (扶桑社ミステリー)

制作 : 仁賀 克雄 
  • 扶桑社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594066581

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドロドロしてますね、、、

    扶桑社のPR
    http://www.fusosha.co.jp/books/detail/4048
    扶桑社ミステリー通信
    http://www.fusosha.co.jp/mysteryblog/

  • 『心ひき裂かれて』が面白かったので期待して読んでみたが、予想通りの展開に肩透かし。作者お得意の騙しのテクニックがお粗末で、解説で折原一が褒めれば褒めるほど、徐々に虚脱感が増してくる。

    決して面白くないわけではない。サプライズという先入観がなければ、サスペンスとして充分面白い。母娘の確執から生じた微妙な距離感の変化が興味深く、ありそうでなさそうな不思議なキャラクターとの相乗効果(?)なのか、心理戦はなかなかの読み応え。

    『心ひき裂かれて』の時に感じた、おしゃれな作家だという印象は今回も変わらず。30年前の作品だと思うとますますおしゃれに感じます。洗練されているんだけど、どこか現実離れした雰囲気が結構好きかも。こういう作品を現代ミステリで読んでみたいけど、まず無理だわ。

  • 最後まで面白く読めました!

  • 2014/05/04読了

全4件中 1 - 4件を表示

リチャード・ニーリィの作品

リッジウェイ家の女 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする