私にふさわしいホテル

著者 :
  • 扶桑社
3.58
  • (64)
  • (176)
  • (178)
  • (28)
  • (6)
本棚登録 : 1024
レビュー : 207
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594066833

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際の作家が登場するリアルさは新鮮

  • 最初の1章2章は疾走感があってとても面白い。
    「スポットが当たらなかったら、スポットの前に飛び出せばいい!」という文言など読んでいると爽快な気分になる。
    しかし、主人公は野心だけでモノを書いていて、成功した後に残るものはなんなのだろうか?終章の「私にふさわしいダンス」を読んだ時に、主人公から受けた印象が1章とは年齢がかなりかけ離れて老け込んだように感じられた・・・。

  • ホテルの話?と思いきや、新人女性作家の復讐劇。連作短編になっていて、テンポよく読めます。ヒューマンエンタメ、とでもいうのでしょうか。柚木麻子さん、女性の心の機微を描くのがすごくうまいと思っていて、読破しようと思っているのですが、中でもこれは特に面白かった。のし上がるための手段、悔しさを晴らすためのえげつないやり方。何かを諦めかけたり、つい言い訳をしてしまう人の背中を強烈に押してくれる1冊だと思います。

  • 一話目は読んだことあったらしい。表紙のかわいい絵とあわない野心家の女性作家のはなし。朝井リョウさんのキャラがおかしかった。

  • ホテル業界の話かと思ったら、意外や新人作家の出世すごろく。主人公の針が振り切れそうなガッツと目を見張るような行動力は有り得ないと思いながらも、次に何をやらかしてくれるのか期待でワクワク。きっと東十条先生も深層ではこんな心理だったに違いない。女優・島田かれんのその後はどうなったのだろう?第2の樹李に生まれ変わるのか?なったらなったで怖さ倍増。いろいろ実名が出てきたり、あの人・この事と思い当たるフシがあって想像たくましく読了。面白かったです。

  • おもしろかった。自分勝手なのに憎めない。好き勝手するのって大変だけど、できたらすごーく楽しい人生になりそう。

  • 図書館より。
    予想外にぐいぐい読んでしまった。
    主人公、イイ性格してるよね。

  • 実在の作家さんまでちらほらと登場していて笑ってしまった。
    中島加代子、強すぎる…!!

  • こんな復讐話とは知らなかったからびっくり。装丁に騙された(笑)

  • この人の作品初めて読んだけど、面白い!!!

全207件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

柚木麻子(ゆづき あさこ)
1981年、東京都生まれの小説家。立教大学文学部フランス文学科卒業。2008年に「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞し、2010念二同作を含む初の単行本『終点のあの子』を刊行。2014年に『本屋さんのダイアナ』で第3回静岡書店大賞小説部門受賞。2015年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞、直木賞候補に。2017年『BUTTER』で直木賞候補。2019年、『マジカルグランマ』が第161回直木賞候補となる。

私にふさわしいホテルのその他の作品

柚木麻子の作品

ツイートする