真心の贈りもの ~修養学校の冬 (扶桑社ロマンス)

  • 扶桑社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594067465

作品紹介・あらすじ

商人の娘グレイスは、親の期待を一身に受け貴族と結婚すべく修養学校を出たものの、上流社会になじめずにいた。帰省先で昔なじみのバレットと再会した彼女は、胸の高鳴りを止められず(『真心の贈りもの』)。いつも不運と失敗続きのアリッサ。卒業を控えた休暇を無事に終えるのが最後の課題だ。ところが実家に向かう馬車が突然暴走し川に転落する始末。助けてくれたのは魅力的な紳士で(『うっかり者のクリスマス』)。"淑女たちの修養学校"を題材に、人気作家が特別な季節を描く中編競作集、第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 〈真心の贈りもの〉 J・ロンドン
    h/h幼なじみ ヒロインは、牧羊業で財を築いた父親から爵位持ちと結婚するように命じられているが貴族社会からは、陰で羊飼いの娘と言われ馬鹿にされている ヒロインの置かれた状況はつらいよな~
    やっぱ、J・ロンドンは、読みやすい ☆4.5

    〈うっかり者のクリスマス〉 レニー・ベルナード
    ドジで性格が良くて応援したくなるヒロイン 
    〈真心~〉の、くそおやじと違ってこっちのヒロインの父親は愛情たっぷりのやさしさで娘を愛しているのが良かった
    性悪女ヴァイオレット(ヒロインのいとこ)がh/hの結婚でギャフンとなったと思うとスカッとする ☆4.5

  • 淑女たちの修養学校シリーズ
    『真心の贈りもの』ジュリア・ロンドン
     グレイス・ホルコムとバレット・アドレイン。貴族の婿取りのつもりが工場経営者に惹かれてしまったグレイス。
    『うっかり者のクリスマス』レニー・ベルナード
     アリッサ・マーティンと、リーランド・イエーツ。トラブルメーカーなアリッサに振り回されるうち、貴族二男だが自分で事業をおこして成功しているリーランドは…。

全2件中 1 - 2件を表示

ジュリア・ロンドンの作品

真心の贈りもの ~修養学校の冬 (扶桑社ロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする