アイス・ハント (下) (扶桑社ミステリー)

制作 : 遠藤 宏昭 
  • 扶桑社 (2013年3月26日発売)
3.75
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594067915

作品紹介・あらすじ

"グレンデル"という伝説の巨人の名が付けられた基地の恐るべき正体と、そこに込められた暗い野望の姿が徐々に明らかになり、北極は風雲急を告げる。マットとその元妻ジェニファー、グレンデルに魅せられた科学者たち、新聞記者のクレイグ、ロシア海軍提督ペトコフ、デルタフォース、そして"生きているはずのない者たち"…。それぞれの人生と人類の未来を懸けた極寒の闘いは驚きのクライマックスを迎える-。冒険小説の新たな巨匠が企みの限りを尽くして描き出す怒涛のエンタテインメント。

アイス・ハント (下) (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多少無理はあっても楽しめました。

  • 2013/05/29読了

  • 2013.4.9読了。

  • これも映画向きですね。。。

    扶桑社のPR
    「大ヒット作『マギの聖骨』の ジェームズ・ロリンズが描く怒濤の冒険活劇!

    北極海を潜行中の米海軍調査潜水艦が、最新鋭ソナーで漂流する氷島の内部に廃棄された基地らしきものを発見した。モニターには多くの人間の死体と、何物かの蠢く影が映り込んでいた。やがて基地に秘められた米ソの恐るべき実験と陰謀の正体が明らかになり、地下に潜む驚くべき生物が目を覚ます。ここに、軍人、民間人、科学者を巻き込む、それぞれの人生と人類の未来をかけた闘いが始った!」

全4件中 1 - 4件を表示

アイス・ハント (下) (扶桑社ミステリー)のその他の作品

ジェームズ・ロリンズの作品

アイス・ハント (下) (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする