スマホは捨てろ!

著者 :
  • 扶桑社
2.69
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594068103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市場価値より、社内価値。
    →確かに、もう30超えてそこそこ安定した会社にいるならその方が現実的かも。
    中小零細ならどうやろ。

    逆をいく
    →他の人がとらない方向を探る

    過去の自分に聞く
    →自己分析。自分にしかない強みを過去のエピソードから定期的にひろって磨いていく

    義理、人情、愛嬌だとわたしは圧倒的に愛嬌。どう磨くか?!

  • 【No.292】「現代社会においては、やり過ごすことは得点にならず、とにかく結果を出すことが求められる」「徹頭徹尾、平均点という社員は、裏返せば特筆されるべき個性を持っていないということでもある」「行動原則が徹底している人は、一緒に仕事をしやすい」「無難な人にはマジメでストイックな人が多い反面、遊びや人生経験の乏しい人が多い」「たとえ膨大なデータをもとに完璧なロジックを組み立てたとしても、実感が伴っていなければ机上の空論になってしまう」「時間は自分の意思でコントロールしている、という感覚を持つこと」「ピンチのときほど、”面倒だな””恥ずかしいな”と思うことを優先すべき」

  • 義理、人情、愛嬌が最後の戦術で人を助けてくれる。
    なんでもそつなくこなすけど、彼にしかできないことがない、のではダメ。
    専門分野を絞る。
    勉強バカにならない。

  • 1分で会社の業績を改善させる案を言え!
    スマホでゲームしてる間に頭を使えとのこと。

  • 新聞広告で見かけた。読むというより見た。20歳前後がターゲットの本。

  • 挑発的なタイトルに惹かれて。たまにビジネス書を読みますが、素直に読み始めるも、次第に浅ましく思えてきちゃう★結局は自分さえ生き残ればOK、世のため人のためは2の次。綺麗事じゃない現実でしょうが、その結果、日本は本当に幸せになりましたかと筆者に問いたい。保身を否定するも、行き着くところは保身。わからないことを「教えて」と言おうだなんて、小学生でも知ってるのに、それができない会社や企業。誰もわかってないまま話すもんだから、コント並に可笑しくなった会議、経験アリです(笑)大阪コンサル不要論はおおいに共感。

  • 偏差値55の社外先輩から若手に向けた実践的なメッセージ。

    スマホは捨てろ!と言いながら、スマホを使う著者(笑)。無難な人になるな、社内価値を高めよというその他、自分の強みを絞ること。GNA(義理、人情、愛嬌)を大事に。仮説は3つ立てろ。ネットで答えを探すな。自分会議を開けなど。http://suzukishinsuke.com

  • タイトルがおもしろそうと購入したが、タイトルと内容があまり一致していない。
    「逆張り」「おいしいリスク」「GNA」がキーワード
    資格バカになるな、自分の強み・いいところをとことん分析して仕事に活かせ、というところでしょうか?
    全体的に内容が薄い印象でした。

  • スマホ不要論かと思って読んだが、よくある自己啓発本だった。ためになることも幾つかあったが、全体的に内容が薄い印象。

  • △500円
    ●ネーミングに共感できて購入した。が・・・
    ●期待した内容には程遠い・・・。
    ●『おいしいリスク』を取る習慣と『プル営業』、過去の苦労感は共感する

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

思考の整理家。株式会社コンパス代表取締役として経営コンサルタント業を営む。大学卒業後、25歳で起業するが金なし・コネなし・学歴なしの状態で苦境に。独自の思考の整理術を身につけ、クライアントと自身の業績が飛躍したことからメソッドを体系化。「決断力と行動力が飛躍的に上がる」とのクチコミが広がり、現在ではベンチャー企業から一部上場企業まで100社以上のコンサルティング実績、また思考の整理術に関する講演では1万人以上の受講者がいる。著書に『問題解決のためのセパレート思考』(フォレスト出版)、『1分で頭の中を片づける技術』(あさ出版)などある。公式サイト:www.suzukishinsuke.com

スマホは捨てろ!のその他の作品

鈴木進介の作品

ツイートする