極大射程 下 (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
4.31
  • (20)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594068523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公は退役した海兵隊員、ベトナム戦争の英雄ボブ・リー・スワガー。銃を持てば右に出るものなしの天才スナイパーです。
    巧妙な罠に嵌ってしまったボブの戦闘を描く、いかにもアメリカ的な、ハリウッド映画さながらのアクション小説。

    が、そんじゃそこらのよくあるアメリカンヒーロー物と一緒にしちゃあいけません。
    ボブの老練の渋さに痺れて一気読み間違いなしの超ド級のおもしろさ。
    高度な頭脳戦も繰り広げられ、単純なドンパチ物ではないのです。

    そして、これは徹頭徹尾「銃」の物語でもありました。

    銃というものがこれほどまでに哲学的に描かれているのには驚きました。
    銃についての薀蓄が満載で分からないながらも楽しい。慎重に事前準備を重ねるボブの仕事っぷりがとても地味なのも意外。

    ハリウッド映画のような派手なアクション、弾丸飛び交う展開が満載ながらも、ボブの静かで冷静なプロの姿勢によって、静謐で緊張感ある雰囲気が常に漂います。

    脇を固める登場人物たちも素晴らしい。敵も、仲間も、犬や鹿でさえも!
    ボブの無実を信じる人々がボブを信じる理由というのが、「あの男が失敗するはずがないから」というのがなんともかっこよかったです。

    銃に魅せられた男の、銃による銃の為の銃の物語。
    銃という力の象徴に人間の生き様が映る、渋くて熱くて、そして爽やかな大作でした。

    ネタバレ・・・・・・・・・・・・・・・・・・















    まさか最後は法廷で決着をつけるとは。

    最後の最後も銃で締めるというのが気持ちいい。
    最初から無実の証拠を持っていたとなれば、ボブはまさしく汚名返上の為だけに行動していたのだと気付きます。
    法廷で惨めな思いをするニックに向けてのボブの破顔一笑にはワクワクしました。

    • しろコシオさん
      未読なのですが、なんだか懐かしい…というか…
      自分の積読の最古参クンです、もう10年になるかも?読まなくちゃなりませんね!ていうかニコルさ...
      未読なのですが、なんだか懐かしい…というか…
      自分の積読の最古参クンです、もう10年になるかも?読まなくちゃなりませんね!ていうかニコルさんのおかげで思い出しました。
      2014/11/26
    • ニコルさん
      わたしも新潮文庫をずーーーっと積んでました。。。
      なのに読んだのは扶桑社;
      読みだしたら止まらないくらいおもしろいです!
      まぁ、その読...
      わたしも新潮文庫をずーーーっと積んでました。。。
      なのに読んだのは扶桑社;
      読みだしたら止まらないくらいおもしろいです!
      まぁ、その読みだすまでが大変なんですよね……。
      2014/11/26
  • このミス海外編2000年版1位。海外編もこの年代になると普通に面白い。この年の2位がボーン・コレクターだし、この先も楽しみ。本作はのちにシリーズ化される第1作目であり、スーパーヒーローが活躍するやつってわかってるので安心して楽しめる。話は比較的わかり易い娯楽大活劇。主役がかっこいいし、魅力的な女性がからんでくる。まあ、最初はちょっととっつきにくいとこあるけど、途中からはグイグイ進む。前半は緻密なロジックでスゲーと思うけど、後半はなんだか雑な感じで大味になってきて、そんなとこブラついてたら殺られてまうでしょとか、ちょっとご都合主義すぎるでしょと思ったりします。それでも、最後に大技がかかるのが爽快。文庫上巻の242頁の「数分間の溶接と、ちょっとした調整ですむことで、少なくとも彼らがなんらかのやり方で自分を利用しようとしたときには身を守る手段にもなる。」を読んだあとしばらくはこの伏線はどこで回収されるのか気になっててたのですが、下巻の最後にはすっかり忘れてました。

  • 下巻から
    ようやく本格的な戦闘へ
    敵味方の両脇役たちもいい味を出してきます。
    ボブがまたどうにもカッコいい
    御都合主義?いやいやベタでいいじゃんよ
    最後の最後まで勝てるかわからない。

    でも、お財布事情的に
    (^^; シリーズを追うのはまだ後でいいかな?

  • んー、最後まで、「これ、もう、主人公まけんじゃない?」シチュエーションが立て続けに続くが、驚異的に勝ち抜く。エンターテイメントとしては面白いんだけど、さすがにややご都合主義が鼻につく。シリーズ、たくさん出てくるけど、すぐに次作に取り組むほどは印象に残らなかったかなぁ。

  • 何度も主人公や、その仲間達が死んだと思った…絶体絶命のピンチを全力で跳ね返して立ち向かうの格好いい!
    ラスト近く、また終わったと思ったら、もう忘却の彼方にあった某保険が見事に働いて大逆転。痺れたー!
    老弁護士も惚れ惚れする仕切りで、大勝利を収めた2人は共に女と幸せになりましたとさ。
    めでたしめでたし。
    個人的には犬の記述に泣けましたよ…そう、あいつらは健気なんだよ…

  • 続編も読まなければ。

  • 銃についての描写が詳細で、正直読み飛ばす部分が多々ありました。
    思ってた以上に戦争ものでした。

    ラストの法廷対決の場面は良かったです。

  • 読了。
    原作より映画の方を先に観たのであまり期待して無かったのだが、正直映画の10倍は面白かった(笑)。映画の方は、如何にもハリウッドが好きな典型的な合衆国政府陰謀モノ。
    原作も主たるプロットはそうなのだが、まず主人公「ボブ ”ザ・ネイラー"」の造形がはるかに映画より魅力的。なんせ映画のボブは「テッド」のダメにーちゃんだったからな…。
    あと映画では只のわき役だったFBI捜査官のメンフィス。彼も己のカルマをボブの過去と交錯させながら、ある意味この物語の主役を担っている。
    ミステリーとしても当然面白いのだが、小説としても結構高レベル。

  • エルサルバドルの大司教暗殺の容疑でCIAとFBIから追われる、ベトナム帰還兵のボブ・リー・スワガー。彼の名誉回復をかけた男の戦いに胸を打たれる。

    八方ふさがりの展開にハラハラしっぱなし、手に汗を握らずには読めない!ラストはどんでん返しの連続だった。心臓によくないな、この種のエンターテインメントは。

    多くを求めず、一つのことにまい進する男は修行僧のようだ。
    そんなスワガーの美学に惚れた。
    実に男臭い冒険小説だ。

  • ライフル射撃のレジェンド、ボブ・リー・スワガー・シリーズの第一作。これ草食男子ならずとも憧れる男像では。作品で描かれるような窮地にはたいていは出会わないと思うけど人生の窮地にはいつかだれしも遭遇するわけでその時に自分のオトコが試されるのも事実。そんな時にスワガーを思い出せると頑張れるかもって一冊です。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Stephen Hunterスティーヴン・ハンター1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞。

「2016年 『我が名は切り裂きジャック(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・ハンターの作品

極大射程 下 (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする