高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
3.23
  • (4)
  • (9)
  • (10)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 115
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594068783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋さんで見かけて、「最近この人見るなー」と思い返し、ふと購入。

    高学歴・高収入なのにモテない。あと、高プライド。そんな人がなぜモてないのかを今まであった人から研究する本。
    いくつか当てはまるところもあり、反省します!と思いながら読んだ。とりあえず、謙虚でいる、セクハラしないってのが大事だと思った。
    あと、モテないのかという本であって、特定の女性を口説く本ではない。こういう人なら犬山さんは惚れちゃいますよって本なので、口説くなら別を当たっておくれ。

  • 実例たくさん。登場する数々の痛男を小バカにした文章は清々しい。

    たまには合コンとか行って、痛男の実態調査してもいいかも。

    高学歴じゃない男性も、女性も是非読んでほしい。

    個人的にはコミュ力が有りすぎる人には嫌悪感を抱く場合もある。

    ちょうどいいコミュ力で、ちょっと抜けてて可愛さのある人に出会いたいよね。

  • 高学歴男はなぜモテないのか。犬山紙子先生の著書。内容は全くその通りと同意できるお話ばかり。犬山紙子先生の慧眼は素晴らしいです。過去の栄光自慢、学生時代に勉強が出来た自慢、神童だった自慢、そんな自慢話を聞かされて楽しいわけがないです。上から目線で人を見下したり、馬鹿にしたり、横柄で傲岸不遜な態度や言動をとったり、そんな人はいくら高学歴でも人間としての魅力がないのは当然のこと。女性向けの本なのかもしれないけれど、思い当たるところがある高学歴男こそ読むべき良書だと思う。

  • フッフッフッ…と気持ち悪い笑いを漏らしながら読み終えました。痛い…痛すぎる…ですが深い観察眼を持つ犬山さんにとっても書くのは痛みを伴う作業だっただろうな。
    犬山さんの文章、いつも大好きです。

  • 女子は男性のこういう面を痛いと思ってますよという忠告本といえば好意的。

  • 2014年7月16日読了。

  • 高学歴、というより、無駄に自尊心ばっかり肥大させちゃった人の例、という感じ。男性に限らず女性にもこういう人はいる(高学歴、をどの程度の学歴なのかをもう少しはっきりさせてもらいたかった)。
    あるあるとして楽しく読めたが、いろいろ過去の出来事を思い出してむかついたりもした。己を省みてうすらさむくなることもしばしば。

  • 超つまんねー。この本。文書稚拙すぎ。

  • 201309/犬山さん、ほんと読んでて面白いなー。小気味いいから女子ウケするけど、タイトルにある読んで欲しい層はまず読まないんだろうなー。

  • 犬山さんの側で読むと、あるある&困った君の話。犬山さんの前に座り自分に言われていると仮定すると、もう、縮こまって聞くしかない感じ。面白くて辛い。自分の弱さから目を逸らさない人だから、自分の弱さから目を逸らす人の行動を見逃さない人なのかな、と思いました。反論(というか言い訳)したい部分が多ければ多いほどプライドが高いのではないかと。男性は自分自身の痛さチェックに。女性は痛男の対処法を知るために。誰が読んでも楽しめて、自分の身に引きつけると頭を抱える、そんな一冊。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1981年生まれ。コラムニスト、イラストエッセイスト。ニート時代に出会った“美人なのに恋愛下手な友人たち”を描いたブログの書籍化『負け美女』(マガジンハウス)でデビュー。『週刊SPA!』『an-an』『文學界』はじめ多くの雑誌で執筆。近著に『言ってはいけないクソバイス』(ポプラ社)、『女は笑顔で殴りあう』(共著・ちくま文庫)など。テレビ、ラジオでも活躍。2017年に長女である女児を出産。つわりは食べづわり、辛かったのは禁酒。妊娠中13.5キロ増。目下ダイエット中。公式ブログ http://lineblog.me/inuyamakamiko/

高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書)のその他の作品

犬山紙子の作品

高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする