年収300万~700万 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話

著者 :
  • 扶桑社
3.41
  • (4)
  • (17)
  • (21)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 128
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ●「運用コスト+耐用年数で見る」購入費用だけ見ると損をする※マイホーム、洋服、プリンター、替刃カミソリ、冷蔵庫、エアコン

  • 節約術で質素な青年期・中年期を過ごすよりも、無駄を省いて、さもしい思いをせずに生きる道を提案する本。

    家は建てちゃいけないな…ということがよくわかった。
    投資についても、素人にとっての仕組みがよくわかった。
    読んでよかった本。

    札幌市の図書館から借りた本。

  • 経済評論家である著者がお金の不安なく老後を過ごすための方法について書いた一冊。

    巷でよく言われる老後資金や資産運用などの話を著者の視点からどのように対応すべきかを解説し、年金制度や保険についての実践的な知識について書かれていて勉強になりました。

    公的な年金や保険については最低限の保障はされることがわかり、年金のもらえる金額のシミュレーション方法なども解説されており、民間保険などの見直しの一助となりました。
    また、教育費についても具体的な金額から解説されておりこれからの役に立つ内容でした。
    また住宅問題に関しては購入か賃貸かという問題について著者の考えを知ることができました。

    その時になってからの対処力が重要になってくると感じました。
    自分が本当に欲しいものだけを求めることお金を牢獄に入れないということが大切であるとも感じました。
    本書を読んで巷で言われている老後の不安が解消されました。そしてお金にとらわれず、あるがままに人生をとことん楽しみたいと感じた一冊でした。

  • 老後のお金の話について、ごくごく常識的かつ良心的なことが書いてある良書。

    老後に必要なのが、お金を含め、健康、人間関係、趣味など、現役時代からコツコツ積み重ねないといけないものであること、また老後のために現役の時代を節約で細いものにするのは本末転倒であることなど、お金の話だけど視野をもう一つ広くするのに役に立った。

    ただ、本自体が3年半前と古いので、今の時代と合わなくなっている内容が少々あった。お金の常識もすごいスピードで変わってるのだとも認識した。

  • 参考になった。
    とても安心とは言えない内容。
    年収が300~700万円あれば、さほど心配いらないと言う事か。年収がこれ以下になら他の本をあたって下さい、というようなことが書いてある。
    でも、過度に貯金したり、倹約したりする必要はないと唱えられており、同意。無駄遣いはしないこと。
    収入が減ったら、増えたらでそれに見合った生活をすれば良い。
    賃貸の方が、身軽でその時々で変えれるから良い。

  • お金に関するお得な情報が詰まっている
    年金 健康保険 生命保険の裏も述べている
    色々な方法が書かれているので
    自分の生活スタイルにあわせて自分らしい人生を築いていくきっかけになる

    お金のことを家族と話すこと
    市場が歪んだ時がお金を増やすチャンス
    バーゲンで買わない
    交際費は無駄を惜しまない

  • 前半の、脱・節約教のススメと禁・資産運用は興味深かった。よく世間で言われていることと逆だけど、納得感がある。老後のために現役時代の楽しい時間をガマンする人生はつまらない。
    一方で、後半のテクニカルな部分は既知の内容が多く、真新しさはなかった。

    チリは積もってもせいぜい小山。

  • ただ節約するのではなく、本当に欲しい物だけを手に入れる。家は、50歳を過ぎたら売りに出す。この考えは面白いなぁ。自分の考えと会っている私も両親がなくなったら自宅にいると思っていた。売れる家に現金化しておくのはいいと思う。

  • 老後のお金について、必要以上に怖がることはないと思った。
    老後のために我慢ばかりの人生はつまらないもんね。

  • 誰にでもわかるように平易な言葉でお金のことが書かれています。老後の不安を煽り、数字ばかりを機械的に追うような本が多い中で、社会の変化や人とのつながりまで見据えた、冷静かつ温かみのある内容。マイホームの考え方が特に参考になりました。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経済評論家、ジャーナリスト。1961年、東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業、東京大学社会情報研究所教育部修了。JPモルガン、チェースマンハッタン銀行で銀行員としてデリヴァティブを担当。その後、短期の国連ボランティア、企業コンサルタント、放送作家を経て、テレビ、ラジオ、雑誌などで経済やマネーについての経済評論家、コメンテーターなどを務めている。
近著に『年収300万~700万円 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話』『年収300万~700万円 普通の人がケチらず貯まるお金の話』(ともに扶桑社)、『なぜかお金がなかなか貯まらない若いサラリーマンが知っておきたいお金の教科書』(大和書房)、『お金が増える不思議なお金の話』(方丈社)、『しあわせとお金の距離について』(晶文社)などのほか、趣味の海外旅行を活かした『ガイドブックにぜったい載らない海外パック旅行の選び方・歩き方』(アスペクト)や『海外パックツアーをもっと楽しむ本』(PHP研究所)、『アジア自由旅行』(島田雅彦氏との共著、小学館)などの旅行関連の著書がある。

「2021年 『急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤治彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
松下 幸之助
佐藤 優
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×