夜の経済学

  • 扶桑社
3.27
  • (12)
  • (35)
  • (47)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 421
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069162

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本自体が夜(フーゾク)の、というか貧困についてって気がする。フーゾク系だけじょなくて大学生の偏差値ごとの幸福度やら体育会系の部活の関係とか面白かった。教育って本当に大切なんだと思った。

  • 夜の世界やその他もろもろについて、とにもかくにもデータを集めてから考えるという方針で書かれた本。
    内容は、夜の経済学というより夜の統計学。
    統計のテクニカルさを見せてある程度信頼性高いよねって言ってるのが実情かなと感じた。
    でも、知りたいのって、中途半端な仮説の上で統計使って算出した数字じゃなくて、フィールドワークで獲た生データなんだよね。
    著者の言ってる通り、そこら辺のデータって集めるの大変。
    それを加工してしまって台無しにしてる感がある(もっとも、別の著書では生データを既に載せてるのかもしれませんが)。
    そして、地味に計算ミスとかある。
    とりあえず、タイトル買いして期待はずれな一冊。

  • 統計学を用いて社会を評論するライトな社会評論と言ったところ。統計に関する著書も複数ある飯田が関わっていることから調査・分析のデザインはなかなか。ただ本書で着目すべきなのは「幸福な若者」及び生活保護に関する分析だろう。いずれも誤解や偏見の多い分野に対して、どのような条件から、いかなる認識が形成されるかを統計学的に分析しているのは見物だ。このような、「若者」などを世代論によって勝手に規定するのではなく、その形成要因を仔細に明らかにしていく研究・言説が増えることを望みたい。

  • 本書は興味本位で(半ばネタとして笑)買ったのですが、あまり馴染みの無いテーマだったこともあり、新鮮でした。

    統計学と経済学の手法を使って、所謂フーゾク産業を分析しているのですが、読むと日本の問題が見えてきます。
    「『売春相場の地域差』は、印象だけのものではない。価格の平均値・最頻値に加え、『経済状態』を表す変数として、完全失業率、有効求人倍率を用いて回帰分析も行ったのだが、いずれの場合でも『経済状態が悪い地域では売春価格は安い』という結果が得られた。そう、『売春は経済問題』なのである。」(p.81)

    そういうお店を利用して、極端に値段が低かったら、その地域は経済状態が悪い、景気が悪い、ということなんですね。

    まあ、行きませんけどね。

全36件中 31 - 36件を表示

著者プロフィール

明治大学准教授

「2019年 『日本史に学ぶマネーの論理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜の経済学のその他の作品

飯田泰之の作品

ツイートする