夜の経済学

  • 扶桑社
3.27
  • (12)
  • (35)
  • (47)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 421
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069162

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待はずれ

  • カタログ取る際、カバー写真に目を奪われたので、読んでみた。夜のお仕事をしてる人は、やはり経済的に追い詰められてる人が大多数と読んで、一女性として、考えさせられた。

  • 20140815 まさに夜の経済学。サンプルを収集して夜の町を紐解いている。面白いけど、途中で飽きた。

  • 射精産業の実態を統計的な手法で分析した本。
    学歴と性体験などに関する内容も一部の章で扱っている。

    なにか「やらしい」ことで、面白い内容があるかといえば、特にない。
    また、学術的な意味合いで、新しい発見、切り口があるかといえば、それもない。

    春をひさぐ女性の窮状が散見され、それに心ふさぐぐらい以外のなにも感じられなかった。

    少々残念。

  • HONZ紹介本
    けっこうマニアックなテーマで構成されているので、面白そうだと思ったので購入したけど、踏み込みが足りないかなというのが正直な感想。

著者プロフィール

明治大学准教授

「2019年 『日本史に学ぶマネーの論理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜の経済学のその他の作品

飯田泰之の作品

ツイートする