赤い中国消滅 ~張子の虎の内幕~ (扶桑社新書)

著者 : 陳破空
  • 扶桑社 (2013年11月30日発売)
2.57
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069537

赤い中国消滅 ~張子の虎の内幕~ (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なにせ外から見る中国は得体がしれない。ある意味で暴露本的な本書は、したがって評価がすごく難しい。筆者が書くように中国は矛盾だらけで汚職だらけで、今にも政治的にor経済的に行き詰まりそうなように見えて、でもそんなに脆弱にも思えないし、世界の外交を見ていると明らかに中国共産党の実質的な独裁が終わることを織り込んでいるとも思えない。

    モヤモヤが晴れるような晴れないような。

    個人的な好みとしては、筆者の壮絶な半生と祖国への愛と怒りは、もう少し抑えた文章で書いたほうが伝わってくるのではないかと感じる。いかにも中国の歴史書で出てきそうな、情緒的で大言壮語な文章が多く、ひしひしと伝わるものが意外と少ない。

  • 中南海は、北京市の中心部西城区、紫禁城の西側に隣接する地区。中華人民共和国政府や中国共産党の本部や要人の官邸などがある。 ウィキペディア

全2件中 1 - 2件を表示

赤い中国消滅 ~張子の虎の内幕~ (扶桑社新書)のその他の作品

陳破空の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイケル・ピルズ...
エドワード・ルト...
有効な右矢印 無効な右矢印

赤い中国消滅 ~張子の虎の内幕~ (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする