天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

著者 :
  • 扶桑社
3.26
  • (32)
  • (93)
  • (155)
  • (39)
  • (15)
本棚登録 : 1262
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同じ著者で複数の本を出している場合、どれを読むべきか?
    この答えは「一番最初に出した本」
    その理由は、とにかく始めたなので言いたいことを全部盛り込もう伝えようとしているから、勿論本を出す機会はもう来ないかもしれない。と思えば気負ってしまうくらい盛り込みたくなるのが普通だと思う。

    この本を読む前に、「7回勉強法」を読んだが、やはりこちらの方が迫力がある。迫力と言うよりも鬼気迫る感じがする位だ。

    両方を比べると、こちらの方が勉強以外の事を含め広い範囲を網羅的に書いている。
    そういう面では、東大主席がどんな勉強をしたのか具体的に教えて欲しい。と言うニーズに沿て書かれたのが7回勉強法と言う事になる。

    気に入った言葉
    努力することはその何かを反復継続することを指します。
    子供のうちは勉強ばかりすることは評価されにくい風潮にありますが、大人になってからこそ勉強を努力対象にするのは悪くない。
    天才への憧れを捨てて、努力末うことの価値を認めるべきだということです。
    仕事に誇りを感じるのは華々しい瞬間ではなく、むしろ辛くて地味な仕事を一生懸命引き受けて最後の最後まで手を抜かずに責任を果たしたと胸を張れる瞬間です。
    そもそも一度読んだだけで理解しようとすることが誤りです。反復継続しなければ人は学ぶことはできません。
    これ見よがしに努力を見せ続ければ達成されなかったとしても評価がついてくる場合もある。
    自分の努力に一番期待をかけているのは両親でも上司でも、ほかの誰でもない自分自身です。

  • 著者は弁護士。東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省し、主に国際課税を含む租税政策に従事する。現在は企業法務と刑事事件を扱う弁護士として働きながら、テレビ出演等でも活躍。

    「努力」というと抽象的なスポ根論に持っていかれがちで、「努力」を技術として具体的なノウハウを書いているものがあまり出回っていない。

    学生時代からこつこつ努力してきた著者にとって「努力」というのは、抽象的な「才能」ではなくて、具体的な「技術」の集積だという確信がある。幼いころから積み重ねてきた努力することの具体的なノウハウを以下の4章に分けて紹介している。

    ①正しい努力のための方法論
    ②努力を始めるための方法論
    ③努力を続けるための方法論
    ④努力を完遂するための方法論

    誰もが努力すれば天才になれるとは思わない。
    ある程度の下地がないと難しい。

    しかし、誰でも正しい方向でやるべきことを一生懸命努力することによって一定の成果がでるということについてはうなづける。

    どんな才能をもっていても努力をしなければ花も咲かないし、さいたとしてもその花は一瞬の美しさで終わってしまう。長い人生自分なりの美しい花を咲き続けさせること。もしくは枯れながらでも並行して新しい花を順番に咲かせ続けることが大切である。

    努力はだれでも出来る。
    するかしないかの話である。
    自分ももう一度、ネジを巻きなおして出来ることから取り組んでいこうと思う。

  • 言うまでもなく敵いません。常に前進を試みて、自分に厳しくしつつ、わずかな息抜きを許す。努力を見える化することで実感する。本はわからなくてもどんどんすすめて、7回読み返すことによりものにする。これは他でも聞いたことのある方法。通販で爪の垢売ってくれないかな。あやかりたいものです。

  • 「1回の熟読より、7回の速読 。」
    これには、非常に共感いたしました。

  • 目標を決めて、それを達成するための、環境づくりや意識の持ち方を論じています。
    自分を管理する努力をせずに目標達成や願望を手にすることは凡人にはできない。そう書いた上で、コンプレックスを活用したり、自分の強みを分析したり、時には逃げ道を戦略的につくるなど、様々な技を使って、目標達成のための努力=自分の財産を蓄積しましょう、という主張。

    著者の美人・東大・弁護士とかそういうキーワード抜きにしても、純粋にパワーがある主張だと思いました。

  • 心に響くフレーズ
    ① 人生において持ち時間は有限です。何かに時間を割くことは、別のことに割けた時間を失うことを意味します。優先順位をつけましょう。
    ② 今日の1日も1年生の時の1日も同じ長さだったんだなあ。大学4年生の言葉

  • 「努力をすれば、大きな成果が得られるのは当然」
    確かにそのとおりだと思いますが、なかなか努力はできないものです。
    本書は、その努力によって東大法学部を首席で卒業した山口真由氏が、「努力する」ための技術について説明した勉強法の本です。

    個人的には「方法11 教本は1冊にこだわる」から始まる
    ・可能な限り網羅的な基本書を1冊だけ探す
    ・手当り次第いろいろなものは買わない
    ・「読むものは少なければ少ないほうが、そして、回数は多く読めば読むほうがいい」
    ・基本書は書店で実際に見て購入
    ・読むことに手間を掛けず、素通しで7回読む
    などの一連のテキスト学習に関する部分が特に参考になりそうでした。

    ほかには、
    ・努力とは「反復・継続」すること
    ・努力を始めるなら得意分野で
    ・努力は必ず報われる
    ・努力を注ぎ込む優先順位を決めておく
    ・具体的な量の数字を目標にする(一定時間に一定のタスクをどのくらい終了させるか決める)
    あたりは参考になりそうかな。

  • 努力の方法論が書かれている
    自分には参考程度でした。

  • 司法試験口述試験前に19時間30勉強した努力家の自叙伝
    「努力の方法論」を書いたもの

    父の出身大学は、東京大学の医学部
    父親と母親が医師、妹も医師

  • 本のタイトル通り、努力するための方法論が書かれています。
    小手先だけのテクニックを書いている部分もありますが、いいことも書かれています。
    特に、「まえがき」、「あとがき」、「36.努力した自分自身を否定してはいけない」、「37.挑戦することから逃げないこと」は、努力の本質的部分が書かれており共感できました。


    読む、聞く、書く、話す、この4つの能力を分析すればいい。どれかを伸ばせばいい。
    努力することとは、何かを「継続・反復」すること
    努力すること自体が目標ではありません。努力は何かを実現するための手段。

    1日の終わりに、自分の可能性を決して諦めず、自分に期待をかけて、明日の自分の理想像を思い描く。
    努力を完遂するために必要な理想像は、5年後でも10年後でもない、明日の自分です。

    無謀な挑戦をして失敗をする姿が誰かに滑稽に映ったって構いません。他人にどう思われるかも大事かもしれませんが、自分が自分をどう思うかに比べたら、大した問題ではないのです。

    自分の自分に対する信頼を裏切りさえしなければそれで大丈夫です。人生は一発勝負ではなく、必ず、次の機会が訪れます。
    もし、心底努力して、それでも失敗してしまったら、それをバネにし、次にまた挑戦すればいいのです。失敗は努力を始めるきっかけに変えられるのだから。

全170件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年北海道生まれ。2002年東京大学法学部入学。在学中3年生時に司法試験合格。4年生時に国家公務員I種試験合格。2006年東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省し、主に国際課税を含む租税政策に従事する。その後、日本での弁護士経験を経て、ハーバード・ロースクールに留学、修了し、ニューヨーク州弁護士資格を取得。現在は東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程に在籍。

「2018年 『東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるのその他の作品

山口真由の作品

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるを本棚に登録しているひと

ツイートする