裁きの剣と氷獄の乙女 (扶桑社ロマンス)

制作 : 酒井 直子 
  • 扶桑社 (2014年3月1日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (613ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594070014

裁きの剣と氷獄の乙女 (扶桑社ロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パラノーマル・ロマンス“超能力者=動物に変身する種族”シリーズ第8弾!
    ヒューマンの刑事マックスは、司法サイのソフィアとともに、サイ評議員ニキータの周辺で起きた連続変死事件を調査することに。
    ふたりは急速に惹かれあってゆくが、ソフィアは大きな問題を抱えていた。
    長く犯罪者の記憶をスキャンしてきた彼女の精神はもはやぼろぼろで、他人にじかに肌に触れられただけでも壊れてしまいかねない状態だったのだ。
    困難な状況下で育まれる愛のゆくえとは?
    巻末には特別短編を収録!
    (amazon 内容紹介より)
    *
    *
    <サイ=チェンジリング>シリーズ8作目。
    今回はヒューマンとサイのお話。
    2人のお話はジリジリとしか進まなくて、やきもきしたけど、サイネットのことなど色々進んだ巻。
    *
    作者のナリーニ・シンさんは日本に住んでたこともあるらしく、日本の名前も出てきてちょっと嬉しかった。
    今回のヒーロー、マックスもアジアの血をひいてる設定ですごく素敵な人で良かった✨

  • サイの評議会が分裂。サイネットの今後は?

  • ヒューマンの刑事マックス・シャノンとJ(ジャスティス)サイのソフィア・ルッソ。
    チェンジリングの主人公がいないので期待薄で読み始めたが、内容は上々で一気読みの楽しさです。
    ダークリバーの面々も登場するが、サイ評議会も直接関わってケイレブとニキータに注目。
    また、今までのようにサイレンスからの脱却でラストではなく、今後の大筋にも関わってくる転換回のようです。

  • ヒューマン刑事 * Jサイ・ヒロイン
    カップルよりも周りの動きが気になる巻。母娘関係とか仮面サイとかw 次作も既に楽しみ♪

  • モフモフがモフモフとして登場しないとモフモフ感激減(笑)タムシンとこの双子豹に癒された。サッシャを気づかう面も持てるようになったなんて、なんてお利口さん!ただ、やんちゃはしてるみたいだけど(笑)話はヒューマン刑事ヒーローとJサイヒロイン。とにかく話が混みあってきてて、次巻読むときにはまた訳がわからなくなるんだろうな、なんて。評議員も敵なんだか味方なんだかわからないうえに、誰かを捜してるサイもいるし。ま、彼らは元から仲悪いから誰が裏切っても仕方ないか(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

裁きの剣と氷獄の乙女 (扶桑社ロマンス)のその他の作品

ナリーニ・シンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クレスリー・コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

裁きの剣と氷獄の乙女 (扶桑社ロマンス)はこんな本です

ツイートする