自分の財産 (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594070076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 納得のあるお題のときもあれども、なんとなく彼女の文体が批判が多くてきつい感じがしたのはなぜだろう。年上が今の若者を嘆くみたいな感じ。ちょっと偉そうな感じもする。ただ、心に残ったのは、足立区で起きた両手首を切ったというおぞましい事件のこと。この事件私は知らなかったのだけれども、両手首を切る残酷さに改めて思いを馳せ、彼女のいう「心の貧しさ」がこのような残酷さを可能にすることに私も身震いした。

  • 自分が自分であること、自分を失っていないこと すべてのものには対価を払わねばならない 老いの尊厳と存在意識は手仕事にあり 人と触れることほど、人を大人にする機会はない 

全2件中 1 - 2件を表示

自分の財産 (扶桑社新書)のその他の作品

自分の財産 単行本 自分の財産 曽野綾子

曽野綾子の作品

ツイートする