完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活

著者 :
  • 扶桑社
3.30
  • (14)
  • (19)
  • (29)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 279
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594070335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふるさと納税が10%と思っていたが、税額の額では、20%まで、使えるなど、また、実際の応募の仕方、それぞれの自治体の特性による注意点が書かれていることは良かったが、この筆者の学歴自慢、港区在住自慢、お金持ち自慢、家族自慢、上から見下ろしたような見方には、不快感を持ちます。いやみな性格が見えてきます。金持ちは、このようなおごった考えを持っているかとわかりました。後の筆者の同様なふるさと納税では、非難が出たのか、改めたのか、評判がいいみたいですが、一度、あまり、お金がない状態になれば、他の人の気持ちが分るのでと思いました。それから、本を書き直しても、いいのではと思った。

  • ふるさと納税の仕組みと具体的なおすすめ納税先
    税金の控除は以下の通り
    1.所得税については所得金額の40%を限度に、(寄付金−2000円)を所得控除
     したがって(寄付金−2000円)*所得税率の所得税額が少なくなる
    2.個人住民税については(寄付金−2000円)*10%を税額控除
    3.1,2により個人住民税所得割額から控除できなかった部分を、特例分により全額控除
     特例分=(寄付金−2000円)*(100%-10%-所得税率)
     (*但し個人住民税所得割額の1割を限度)

    1〜3の合計により税額控除は(寄付金−2000円)*100%となる。

    具体的な納税先としては、まず米をもらえるところ、肉・魚・野菜・果物など
    納税のタイミングや量には見極めが必要となる

  • 2014.12.31 竹倉さんのブログより。

  • もともとこの方が事業主というところは参考には出来ないが、まずはサラリーマンとして寄付金の上限額を算定するというところが始まりだと思った。今年は経験の為にもやってみようと思う。

  • ふるさと納税制度とは。
    を、知りたくて手に取ったけど、死ぬほどどうでもいい著者の自分語りから始まるので興味が萎えた。
    こんなにお得だよ!色々もらえるよ!やったほうがいいよ!という内容っぽい。
    書き方に品がない。

    私は制度について知りたいだけで、著者の納税額とかグルメガイドは興味ないんだよ。
    こういう方面の興味しか持たれないなら、ふるさと納税の意義ってなんなのかな。

    とりあえず金持ちほど得をする制度だってことはわかった。

  • ふるさと納税のことはよく分かるように記述してあるが、お金持ちの人向け。元々ふるさと納税のシステム自体が節税なので致し方ない部分ではあるが、お金持ちはお金持ちでいかにお金を生かして使うかを手間暇かけて考えているんだなと感心させられた。

  • 改訂版がでたら図書館に空きができたので読んでみた。この制度長くは続かないなあ。

  • 初めてふるさと納税についての本を読んだ。
    具体例があり、入り口にはよい本に思う。
    以下、メモ。

    ・所得税:所得金額の40%を限度に、寄付金ー2K\を所得控除=(寄付金-2K\)×所得税率の所得税額が少なくなる
    ・住民税:(寄付金-2K\)×10%を税額控除
    ・自分の課税所得を知ることがポイント
    ・源泉徴収票から確定申告書への金額転記の具体例あり
     (記載例は松山市ウェブページにあったりする)
    ・寄付金の振込領収書があれば自治体からの受領証明書の代わりにできる
    ・人気のある自治体は早く申し込まないと受付終了することあり(自治体ウェブサイト、「ふるさとチョイス」で確認)

  • 600万円ふるさと納税ってすげー!
    内容的にはそこそこかな。

  • -

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京大学法学部卒、企業グループオーナー。ふるさと納税の制度に着目し、『2015年改訂版 100%得をする ふるさと納税生活』を上梓。ブームのきっかけを作った、ふるさと納税の達人として知られる

「2017年 『100%得する[ふるさと納税]最強ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金森重樹の作品

完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活を本棚に登録しているひと

ツイートする