大破壊 (下) (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594071042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベルと壊し屋の駆け引きのようなものに、手に汗を握りながらどんどん読み進めていけました。
    ボリュームはありますが、最後の攻防もまで目が離せません。

  • アイザック・ベルと壊し屋の息詰まる攻防が続く。ベルはついに壊し屋の正体を見破るが…

    意外に本編はあっさりと終わり、あれっと拍子抜けする。また、エピローグでは1934年が描かれているが、最後までそれが謎であるのだか、プロローグで全てが氷解し、本編の結末の意図を知ることになる。

    インディー・ジョーンズのような味わいのある面白い冒険アクション探偵小説であった。シリーズ最初の『大追跡』の方が圧倒的に面白いのだが…

    クライブ・カッスラーはこのシリーズ第二弾から共著者にジャスティン・スコットを迎えた。ジャスティン・スコットの『ハードスケープ』と『秘密パーティの客』を読んだことがあるが、どちらも冒険小説ではなく、ミステリー小説だった。カッスラーの冒険小説にスコットがミステリーの味付けをしたのだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

クライブ・カッスラーの作品

大破壊 (下) (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする