幸せのしずく World of Water Drops

著者 :
  • 扶桑社
3.33
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594072094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雫やアリを、マクロレンズで撮影した写真集。

    まず雫の中に花が写りこんでいるのが不思議で、どんな条件で撮影したらこんな風に写るんだろう…と興味が湧く。
    ページを進めるうちに、自然の風景を切り取ったのではなく、巧妙に被写体を配置して撮影したことがわかってくる。水面がビロードのようで美しい。

    巻末に「小さい世界の撮り方」があり、シャッタースピード・絞り値・露出補正・ISO感度等まで詳細に載っている。カメラ好きの人なら、すぐにでも試したくなると思う。しかし撮影方法を知っても、タンポポの綿毛が水面に舞い降りている写真などはやはり不思議だ。

    主役はしずくだが、第二の主役はアリ。アリが水を飲む1~2秒を狙うなんて、想像しただけで気が遠くなる。アリは拡大するともっとグロテスクだと思っていたが、美しい琥珀色で、点のような目がちょこんと付いているのがなんとも可愛い。個体によって表情が違うのにも気が付いて、途中からアリばかり見ていた。

  • こういう写真がとれるようになりたい。

  • すごい!
    きれい!
    水滴の中に花がある!

    と感動しましたが、あまりにも同じトーンの写真ばかりで、数ページで飽きてしまいました。
    巻末の撮り方の解説を読んで、納得。
    部屋の中で、水滴まで自分で作っての撮影なのですね。

    自分でもこんな写真を撮ってみたいです。

  • 美しい写真集。
    ほんと綺麗…
    水滴に閉じ込められたお花の美しさや水滴の数々が美しい。
    マクロの世界の美しさを感じる癒される1冊。
    そして、写真の撮り方も掲載されてて親切。
    私も撮れるかも?と思わせてくれる(笑)
    水滴に閉じ込められた花がこんなに美しいとは思わなかった!!\(◎o◎)/
    母の日に娘に買ってもらった写真集+.(´∀`*).+

  • 【60/10000】

    「幸せのしずく World of Water Drops」 浅井美紀

    母の日に贈ったしずくの写真集です。
    「もし飽きても捨てないでこっちにまわして」
    と頼んでおいたら、今日まわってきました。
    読了という類の本ではないけれど、全部の写真を堪能しました。
    かに座生まれのせいか、水のある風景に惹かれます。

  • 水滴の中に花が写り込んでいる写真集。

    巻末にはこの作品の作り方も載っている。
    タイミングよく撮っているのかと思っていたら、舞台を作って撮影していたとは。

    水滴をスポイトで葉っぱに乗せて背景の花を映し込む。
    水滴がきれいな丸じゃないときれいに映り込まないのだとか。
    水滴の位置も他の花びらや葉っぱが邪魔しない位置。
    部屋の中の花瓶を使って撮影しているので、部屋の他のものが映り込まないように、光源を調整して…。
    蟻は庭にいるのを利用して、蟻が水を飲むのをひたすら待つのだとか。
    ススキなど季節の花は常にストックしているのだとか。
    カメラは小さなものを撮れるマクロカメラを使用。

    作っているということでちょっとがっかりした部分もあるけれど。
    よけいなものが映らないようにとか、蟻の行動を根気よく待つ、といろいろ気をつかうようなので今期が必要。
    立派な作品作り。
    水滴に映っている花はその水滴が乗っている花だと思っていたら背景の花だったとは驚き。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

北海道帯広市生まれ。幼い頃から写真鑑賞が好きで、多くの写真を鑑賞。2012年5月に初めて一眼レフカメラを購入。早朝に見たしずくの美しさに魅了され、マクロレンズでしずく作品を作るようになる。写真投稿サイト「500px」にしずく作品を投稿し、マクロレンズを通した神秘的な写真はイギリスのカメラ雑誌などで取り上げられ、日本でもさまざまなメディアで紹介される。2015年2月に、初の写真集『幸せのしずく World of Water Drops』(扶桑社)を刊行。現在も会社員として働きながら、休日に花やアリと一緒に撮影した、小さなしずくの世界を作り続けている。

幸せのしずく World of Water Dropsのその他の作品

浅井美紀の作品

ツイートする