許せないという病 (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594074074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分が抱いている許せないという気持ちときちんと向き合う。許せない気持ちからの出口は3つ。きちんと気持ちを伝えて辞めさせる。距離を置く。怒りをバネにして許せない相手を見返すためにがんばる。

    許せない気持ちが自分の中にある事を認め、受け入れ、少しでも前に進むことが大事。

  • 許せない理由も許せないことへの対処もなかなかスパッと気持ちよく読みけれなかったけど、引用などでハッとする部分はいくつかあった。
    ・相手がちょっとでも嘘をついたら許せない ⇒ 自分が完璧主義だから。
    ・フロイト。一見すると自責的なうつの患者が本当に攻撃しているのは身近な他人。例えば「自分のような働きのない女性と結婚した夫は不幸だ」というのは、実は夫の働きのないことの「告訴」である。この「反転」によって「復讐」を果たしている。

  • 和解は一人では出来ない、という話と、許すということが倫理的に良いという価値観があるが、それが常に正しいとは限らないということは参考になった。

全3件中 1 - 3件を表示

許せないという病 (扶桑社新書)のその他の作品

片田珠美の作品

ツイートする